【対談】現役転職エージェントに業界の裏側を聞いてみた。成功の秘訣などの情報満載!

エージェントの裏側 転職エージェント
agent-information-discussion

どうも。もーりーです。今回の記事は、転職エージェントで実際に働かれている「てんてんさん」との対談を記事にしました。

転職業界について、転職の実態(企業情報・年収・年齢・転職回数)など、貴重な情報をたくさん教えていただきましたので、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

てんてんさんってどんな人??

 

まず、今回対談させていただいたてんてんさんのご紹介をしたいと思います。

私がてんてんさんを知ったのは、やまもとりゅうけんさんの『人生逃げ切りサロン』での出会いでした。

 

もーりー
もーりー

転職に関する情報発信をもっとやりたい。でも、転職エージェント未経験だしなあ(T ^ T)

 

 

こんな悩みを抱いていたところ、転職エージェントで働かれているてんてんさんの存在を知りました。

てんてんさんは現在、大手転職エージェントで勤務されている方です。

対談でもすごく丁寧で優しく、てんてんさんがエージェント担当だったら最高だなと!

それ以外にも、ご自身でブログやnoteでキャリアアップに関する情報発信もされていて、コンテンツも充実。

 

てんてんさんのサービスをまとめておきますので、ぜひご覧になってください。

 

てんてんさんのサービスまとめ

twitter → てんてん@転職エージェント

ブログ → てんてんblog

note  → Truth of job changing

 

転職エージェント業界の実情

 

もーりー
もーりー

てんてんさん初めまして。もーりーです。今日はよろしくお願いします。

てんてんさん
てんてんさん

こちらこそよろしくお願いします。

もーりー
もーりー

まず転職エージェント業界について教えて欲しいんですけど。今って業界のランキングってどうなっているんですか。

てんてんさん
てんてんさん

1位 リクルートエージェント

2位 doda

3位 JACリクルートメント

ですね。

リクルートとdodaは領域がほぼ被っているんですけど、JACは年収500〜600万円以上のハイクラスがメインですね。ベンチャーのエージェントもたくさんあるんですけど、そこまで詳しくは知らないです。

 

 

 

もーりー
もーりー

なるほど。世の中では、転職市場は右肩上がりと報道されていますけど、ぶっちゃけ伸びているという実感はありますか。

てんてんさん
てんてんさん

伸びていると感じますよ。企業からの求人数も増えていますし。業界全体が右肩上がりなんだと思いますね(^ ^)

転職エージェントへの登録者も増えているんですけど、どちらかといえば『転職したいけどまだ決めていない』っていう人たちが多い気がしますね。

もーりー
もーりー

へえ〜!とりあえず転職考えているから登録しておこうって感じなんですね。ちなみに、転職エージェントの営業マンって、個人の目標設定とかあるんですか。

てんてんさん
てんてんさん

ありますね。会社によって目標が「売上」か「件数」かで分かれているんですよね。例えば売上目標の場合は、よく年収の高い企業へ求職者を誘導するケースもありますね。

もーりー
もーりー

それはどういうことですか??

てんてんさん
てんてんさん

エージェント側の売上は、転職成立した人の年収の○○%を企業から受け取るしくみになっています。つまり、年収の高い企業へ転職を成立させれば、自分の売上が大きくなるので誘導する傾向が強いと思います。件数目標の場合は、それはあまりないので安心ですが、企業側との年収交渉をそこまでやらないっていうのはありますね。

もーりー
もーりー

なるほど!それは知らなかったですし、貴重な情報です♪ちなみに、今転職業界で伸びているところってありますか??

てんてんさん
てんてんさん

国の制度に合わせて、障害者雇用の受け入れが企業側で増えていると思います。ゼネラルパートナーズっていう会社は障害者の転職サポートをやっていて、かなり伸びていますね。

もーりー
もーりー

ゼネラルパートナーズは聞いたことないですね。。

※後ほど調べたところ、アットジーピー【atGP】という転職サービスを運営されている会社でした。

ともあれ、日本全体で転職市場は活況になっているのは事実なんですね。

 

 

転職情報(エージェントorサイト)

 

もーりー
もーりー

転職したいってなった時、転職エージェントか転職サイトどちらを利用するか迷ってしまうことが多いんですけど、具体的な違いってありますか??

てんてんさん
てんてんさん

企業側の採用コストに違いがあるんですよね。

転職エージェントを利用する企業って、採用に大きなコストかけているんですよね。転職成立したらエージェントに大きな金額を支払いますから。一方で転職サイトは月々の掲載費だけなので、何人採用しても採用コストはあまりかからないのです。

もーりー
もーりー

なるほど。具体的に、求職者が2つのサービスを利用する上で、どんな違いがあると思っておけばいいですか??

てんてんさん
てんてんさん

転職エージェントを利用している企業は「採用に慎重」と言えますね。なぜなら、一回の採用で大きなお金が動くので。一方、転職サイトは掲載費固定なので、「とりあえず採用して人を使ってみる」という傾向が強いと思います。実際、転職サイト経由で転職した人は、すぐ辞めるケースが多いって聞いてますよ。

もーりー
もーりー

そうなんですか!!これも知らなかったし、知っておいたほうが良い情報ですね。ちなみに、転職エージェントの求人って、大手・中小・ベンチャーの割合ってどんな感じですか??

てんてんさん
てんてんさん

8〜9割は大企業ですね。中小もベンチャーも少ないと思います。採用コストをそこまでかけられないっていうのが原因なんでしょうね。ベンチャーは、もっと小さなエージェントを使っているんだと思います。

 

ここまで聞くと、当然ながら転職サイトではなくエージェントを活用すべきだと再認識。

会員登録はどちらも無料ですし、転職面談もしてくれるので、サービスの質の差はありそうです。

 

転職情報(年収編)

 

もーりー
もーりー

ところでてんてんさん。転職すると、ぶっちゃけ年収って上がるもんなんですか??

てんてんさん
てんてんさん

年収上げたいっていう人、多いですよね。普通、転職したら年収下がると思ってもらった方がいいですね。

もーりー
もーりー

え!?マジですか!?なんでですか??

てんてんさん
てんてんさん

もちろんその人の経歴や実績によるんですけど、一般的に企業って年齢で年収を横並びにすることが多いんですね。だから、すでに働いている同年齢の社員と年収を合わせるので、自分だけ年収を上げてもらおうと思っても難しいのが実態なんです。

もーりー
もーりー

そうなんですか。じゃあ年収を上げたい人はどうしたらいいんですか??

てんてんさん
てんてんさん

リスクを取れば上げられますよ。典型的な転職先は外資の医療系ですね。厳しい環境ですけど、年収は上がることが多いと思います。ダメだったらクビ切られますけどね笑。

もーりー
もーりー

なるほど。転職すれば年収が上がるもんだと思っていましたけど、リスク取らないと厳しいんですね。

てんてんさん
てんてんさん

あとベンチャーなら年収アップの可能性はありますね。社長が直々に決裁する会社であれば、直接交渉して好条件で採用してくれることはあります。

もーりー
もーりー

ちなみに、年収を上げられる人と上げられない人って、具体的に何が違うのでしょうか??

てんてんさん
てんてんさん

実績はもちろん大事です。人事の場合だと、100名以上の規模の採用活動をやった実績があれば、企業から欲しがられますね。実績とプラスしてプロセスがしっかりしている人は、転職成功すると思います(^^)

あとは、年収が低い人は単純に上げやすいですね。

 

そもそも、転職すればキャリアアップして年収が上がると思い込んでいました。。。

ただ、自分の市場価値と今の年収が見合っていなければ、年収アップの転職も可能なようですね。

 

point
・転職をする際は、年収アップを期待しすぎないこと。
・年収アップを狙うなら「リスクをとる」か「実績やプロセスを充実させる」。

 

 

転職情報(企業編)

 

もーりー
もーりー

世の中には、大企業への転職を目指している人も多いと感じるんですけど、職歴は当然見られますよね。その他、学歴とかって見られるんですか??

てんてんさん
てんてんさん

結構見られますね。もちろん会社によって違うんですけど、例えば社内に関関同立以上のレベルの社員しかいなければ、それ以下はフィルターかかることもありますよ。

もーりー
もーりー

えー!転職のときでも、意外と学歴フィルターってあるんですね。ちなみに、中小企業やベンチャーから大企業への転職って、できるもんなんですか??

 

てんてんさん
てんてんさん

これも会社によると思いますね。ただ大企業って、中途採用よりもむしろ新卒採用を重視する傾向がまだ強いんですよ。空いたポストを中途で埋めるくらいなら、若い新卒社員を育てて使う。それでも転職が成立するケースは、大企業がピンポイントで求める人材と求職者の職歴がマッチした時でしょうかね。

もーりー
もーりー

大企業はまだまだ終身雇用の文化は根強いんですね。ちなみに、転職回数や年齢って、転職にどんな影響があるんですか??

 

てんてんさん
てんてんさん

転職回数は少ない方が企業から好まれますね。年齢は40〜50代で実績がないと、そもそも面談をお断りするケースがあります。

もーりー
もーりー

おお!年齢フィルターもあるんですか!?

てんてんさん
てんてんさん

例えば、40代で役職もついたことがない営業マンとかだと厳しいですね。ご紹介できる案件がないので、転職面談もお断りしちゃうことがあります。企業も「それだったら若い人を採用したい」って思いますから。この年齢層なら、役職つきだったら転職も可能だと思いますね。

 

転職時も学歴をチェックされるっていうのは、結構意外でした。

大企業も、中途採用より新卒重視の構図はまだまだ変わっていないようですね。

転職回数と年齢層はシビア。。。転職は慎重にですね。。。

 

point
・一回一回の転職は慎重に。
・20〜30代できっちり実績を上げて、キャリアアップするべし。

 

まとめ

 

てんてんさんに、転職エージェントについて対談させてもらった感想。

「一回一回の転職を、もっと真剣に取り組まないと失敗するな」

ということでした。

 

それと何より、てんてんさんのような転職エージェントを見つけることも大事。

エージェントによっても色はあると思いますが、担当者によってもレベルがあるのは確か。

自分のキャリアプランを一緒に考えてくれる優秀なエージェントの存在は貴重だと感じました。

 

実際、私も転職エージェントに面談をした経験があるのですが、

 

リクルートエージェント

doda

 

この2社が転職エージェントとしておすすめです。

求人の質と量、担当者のレベルともに高かったので、安心して任せられるなと思いました。

 

それぞれの詳しい面談内容は以下に記事を貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

<リクルートエージェント>

リクルートエージェントで転職面談したら、評価オールAで最強だった件

 

いますぐ登録したい人はこちら。

 

リクルートエージェントのバナー

 

<doda>

dodaと転職面談したら対応力業界No.1だった

 

いますぐ登録したい人はこちら。

 

dodaのバナー

 

てんてんさん、貴重なお時間いただきありがとうございました!

コメント