【体験済み】大企業=勝ち組は本当?石油最大手に就職した経験者が語る!

企業分析
bigcompany-win-question
もーりー
もーりー

元石油最大手出身、外資ベンチャーMGのもーりーです!

・大企業=勝ち組ってホント?
・勝ち組になるってどういうこと?

・大企業以外でも勝ち組になる方法は?

 

こんな悩みや疑問を抱えている人に向けた内容になっています。

この記事を読めば、大企業=勝ち組の真実を知り、適切な職場選びができるようになります

私自身、新卒で6年間大企業に所属していましたので、その実体験をもとに書いています。

大企業に就職を目指す方もしくは大企業に所属している人はぜひ読んでみてください。

 

大企業が勝ち組というのは本当か

大企業に勤務する人は勝ち組だと言う考えが世間ではかなり多いですよね。

就活戦線でも大企業に応募が殺到しますし、親も子供が大企業に入れば喜びます。

 

でもそもそも、大企業に就職したら本当に勝ち組と言えるのでしょうか。

 

最初に結論を言っておくと、半分正解で半分間違いというのが答えだと思います。

なぜなら大企業はメリットだけでなくデメリットもたくさん混在しているからです。

 

ここでは分かりやすく、具体的な例を出してみたいと思います。

私自身が大企業に実際に入った時の労働環境は、ざっとこんな感じでした。

 

入社3年目で年収500万円〜600万
独身寮の家賃は月1〜2万円
有給休暇年間20日(全取得)
残業月20〜30時間程度
土日祝日完全休み

 

これ見てどうですかね?

世の中の企業の中では、かなり恵まれた職場環境だと思いませんか?

 

R大学生
A君

え、やっぱ完全勝ち組やん

 

こう思った人も多いかもしれませんが、それは視野が狭いです。

以下にて、きちんとデメリットの部分も書いてみたいと思います。

 

全国や海外に転勤あり(辞令なので拒否権なし)
社風が古いので文化が昭和なケースが多い
流行りや最新のビジネスには携われない
上下関係が厳しくて人間関係が複雑
個人の意見はほとんど反映されない
出世が遅く30歳くらいまで下っ端
高学歴集団なので常に競争社会

 

先ほどご紹介した恵まれた労働環境とは打って変わって、デメリットがズラリ。

どうですか?大企業は恵まれているという感覚が薄れませんか?

 

個人的には、一方的に転勤の命令に従わなきゃいけないというのがダメでした。

なぜ自分が住む場所すらも自分で決められないのか!という理不尽さを感じていました。

 

このように、大企業と言っても良い面と悪い面がたくさんあるわけです

大企業が勝ち組かどうか半分正解半分間違いと答えたのは、こういった背景があるからなんですね。

 

勝ち組とは一体なんなのか

大企業=勝ち組とは一概には言えないということが分かっていただけたと思います。

ここからは、人生においての勝ち組とは一体なにかという少し深い話をしていきますね。

 

大企業=勝ち組のイメージを厳密にいえば、大企業=人生の勝ち組ってことですよね。

大企業に入れば、周りの人よりも幸せな人生を送れるという意味だと理解しています。

 

そもそも人生の勝ち組ってなんや?

 

私の中で人生の勝ち組とは「自分自身の価値観を満たしている人」のことです。

 

例えば僕の場合、大切な価値観は「楽しいこと」「自己成長」「仲間」です。

僕が大企業に入社した時、周りから賞賛されましたが3つの価値観を全て満たせませんでした。

なので、勝ち組なんて意識も全くなく、結局辞める決断を下しました。

 

その後、名もないベンチャーに転職をしたのですが、周りはすごく反対しました。

せっかく優秀な大学、会社に入れたのに勿体無いっていう意見がほとんどでした。

が、私は自分の気持ちに正直に行動し、3つの価値観を満たせる職場に出会えました。

 

本当に毎日楽しくて、幸せで、まさに人生の勝ち組であると心底思いました。

 

大企業ってなかなか入れない狭き門だと思うので、入社した人は本当に優秀です。

ただその人自身の人生において、大企業への入社が勝ち組に繋がるかは別問題です。

自分自身の価値観を知り、大企業が自分の価値観を満たせるのかを冷静に見ること。

 

これがまさに、人生の勝ち組になる第一歩なのだと私は思っています。

つまり、大企業=人生の勝ち組となるかどうかは、その人の価値観によると言えるのです。

 

人生の勝ち組になるためにすべきこと

自分の価値観を満たすことができた人こそ、人生の勝ち組だとお伝えしました。

それが大企業であれベンチャーであれ、自分と職場の適性がとても重要になるわけです。

 

とはいえ、その価値観を満たすことがなかなかできないのが現実なんですよね。

嫌な上司がいたり、意地悪な同僚がいたり、お局さんにいびられ邪魔されたり。。

自分の価値観を満たそうにも、外的要因によって苦労する人は非常に多いです。

 

とはいえ、実際には自分の価値観を満たせる人と満たせない人がいるのが事実。

じゃあどうすれば自分の価値観を満たせる側の人間になれるのでしょうか。

 

この答えは、努力で仕事の実力をつけることだと思っています。

 

例えば、私の最も大切にしている価値観は「楽しいこと」です。

この価値観を職場で満たすために、何が必要になってくるのか。

私の経験上、価値観を満たすためには仕事の実力を持ってないと無理なんですよね。

 

実際、僕は20代の前半だった頃は仕事を全く楽しくありませんでした。

理由は明確で、楽しもうにも仕事の実力がなさすぎて楽しめなかったからです。

実力不足の状態だと、周りからも下に見られますし、自分にも自信が持てないですよね。

 

ただ20代後半から仕事ができるようになるにつれ、徐々に楽しめるようになりました。

周囲の目や評価が見る見る変わり、自分が楽しく働ける環境に変化していったのです。

 

会社もひとつの組織なので、ピラミッドの上に行けば行くほど自分の欲を満たせます

自分の価値観を仕事で満たすためには、周りよりも高い実力を持つことが大切です。

私の経験上、実力さえ持っていれば職場に関係なく自分の価値観を満たすことができます。

頂点に立つ必要はないですが、少なくとも平均よりも上の位置にいるべきです。

 

うう、俺そんな実力ない。。

 

こんな自己評価をしている人もいるかもしれませんね。

でも、だからこそ努力で実力をつけるべきだと思うし、逆転はいくらでも可能なのです。

 

実際私も同期でビリ評価だった26歳からめちゃくちゃ努力して、大逆転しました。

年齢に関係なく、今から努力をすれば確実に仕事できるようになれると明言します。

 

私がどうやって努力してきたかは、ぜひプロフィールを読んでみてくださいね。

 

プロフィール
V字キャリア論の筆者のもーりーです。僕のこれまでのストーリーをここにまとめています。生い立ちから黒歴史の学生時代、そして波乱万丈の社会人の歩みなど、面白い内容満載です。今が一番充実している人生の作り方をこのブログで学んでくださいね。

 

まとめ

今回の記事では、大企業は果たして勝ち組なのかというお話をしてきました。

大切なのは大企業への入社ではなく、自分の価値観を満足させることなんですよね。

私は楽しく自己成長できて好きな仲間がいれば、大企業じゃなくても大満足でした。

 

大企業への就職や転職を目指していたり、すでに大企業で働いている人。

そんな人はぜひ、企業のブランドにばかり目を向けず、自分の価値観との適性を見てみましょう。

人生での本当の勝ち組になるために、皆さんの参考になれば嬉しいなと思います!