仕事が辛い人におすすめ!7つの原因と解決策をまとめてみた

仕事が辛い 転職サービス
business-painful-solution
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在は外資ベンチャー営業マンのもーりーです。

なぜ仕事が辛いのか原因を知りたい。

仕事が辛いのを解決するには?

楽しく仕事ができるにはどうすればいい?

 

こんな悩みを抱えるサラリーマンに向けた記事となっています。

この記事を読めば、なぜ仕事が辛いかの原因と解決方法が分かり、明日から仕事が楽しくなります。

かくいう私も、仕事が辛くずっとプチうつ状態でしたが、今は最高に仕事が楽しい状態になることができました。

充実したビジネスライフを送るために、ぜひ読んで参考にしてくださいね。

 

仕事が辛い7つの理由と解決策

仕事辛いの解決策

仕事って辛いなあ。。と思っている人は、日本にかなり存在するのが現実。

でも、なぜ辛くてどう解決するのかを知らない人があまりにも多いと思っています。

 

そこで今回は、辛い原因と解決策をご紹介します。

7つくらいに絞って書いていこうと思いますので、ぜひ参考にしてください。

 

上司とウマがあわない

上司とどうしても性格や相性が合わなくて、仕事がやりづらいケース。

人間同士なので合う合わないはあると思いますが、上司と合わないと辛いですよね。

 

解決方法
会社に異動願いを出して部署を変える。
上司との関係が良くないのであれば、会社の中で部署異動するよう努力しましょう。

もし会社内で部署異動ができないのであれば、転職しても良いでしょう。

それだけ上司との相性は仕事の楽しさに直結するので、とても重要なのです。

 

ただし、異動や転職をした先で良い上司に巡り合える保証はないです。

上司は運ゲー、次の職場でも嫌な上司に当たる可能性があることも知っておくべき。

とはいえ、辛すぎるほど上司と関係が悪ければ行動することをおすすめします。

 

仕事量が多すぎる

仕事が多すぎて、オーバーフローしてしまっているケース。

社員の数が少なかったり、要職についていると陥ってしまうことが多いですよね。

 

解決方法
①優先順位づけを改善する。
②仕事量を減らすよう進言する。

まず最初は、優先順位づけを見直すことからスタートしましょう。

意外と無駄な仕事をやっていることも多いので、大事な仕事から処理する意識を。

 

それでも仕事が多すぎてパンクしそうなら、上司に進言して改善してもらいましょう。

プライドが高い人はこれが言えないのですが、言った方が逆に上司の評価も上がります。

辛い気持ちを軽減するためにも、最後は上司に素直に相談することが大切です。

 

仕事を教えてくれる人がいない

新入社員や転職したての頃に起こりやすいのが、このパターン。

知識や経験がないにも関わらず、上司や先輩が教えてくれないと辛いですよね。

 

解決方法
まずはググって調べる。分からなければ強引にでも聞く。

Googleに聞けば大体の情報は調べられるので、一般知識はググって解決しましょう。

ただ仕事で分からないことはググっても出てこないので、聞いて解決するしかないです。

 

うう。。聞きづらい。。

 

気持ちは痛いほどわかりますが、上司でも聞かれて嫌な気になる人はいません

相手が忙しそうでも、多少強引に聞きに行ってみてはいかがでしょうか??

意外と好意的に教えてくれる人が多いんじゃないか、と思います。

 

仕事ができない

自分は仕事ができなくて、周りの人に迷惑をかけてしまっていて辛い。。

仕事を辛いと感じている大半の方が、この悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

解決方法
転職か異動願いを出すこと。職場環境のミスマッチを解消せよ。

結論を言えば、転職するか異動願いを出して今の環境を変えることをおすすめします。

なぜなら、仕事ができない=実力発揮できる職場環境ではないと同意だからです。

 

例えば、お笑い芸人の大御所である明石家さんまさん。

彼はお笑いの天才ですが、エンジニアや経理の仕事だと才能を殺してしまいますよね。

ウド鈴木さんも、お笑いで大成功していますが、サラリーマンは向いてなさそう笑。

 

つまり、仕事ができなくて辛いと感じているのは、職場環境の選択ミスなのです。

自分に適した職場を選ぶことができれば、仕事ができないと感じることもないでしょう。

 

自分に適した職場選びの方法は?

 

一番良いのは、転職エージェントに相談して自分の適性を見てもらうことです。

私が転職相談をして一番良かったのがdodaだったので、お試しで利用するのもアリです。

 

【体験談】dodaの転職面談の流れと内容を5段階評価してみた。

 

労働条件が悪い

労働条件が悪くて、働くやる気をなくしてしまうケースです。

頑張っても報われない状態だと仕事がどんどん辛くなっていってしまいます。

 

具体的には、以下のような原因が考えられます。

労働条件が悪いケース
・仕事の割に給料が安い
・残業時間が長すぎる
・自分がいないと仕事回らない
・上司がパワハラやセクハラしてくる

 

この解決策は、もはや転職しかないと考えています。

辞めるのが早ければ早いほど良いパターンなので、勇気を持って脱出しましょう。

 

好きな仕事ではない

今やっている仕事が自分の好きな仕事ではない、というパターン。

ある程度社会人生活が長くなると、好きな仕事がやりたい欲が高まりますよね。

 

解決方法
好きなことと向いていることは違うので、職業選びは慎重に。

好きなことと向いていることは違うので、安易に判断しないようにしましょう。

私の話で言えば、ラグビーが大好きで学生時代には部活に入ってプレーしていました。

ただ体が小さく向いてないので辞めましたが、今でもラグビー観戦は大好きです。

 

好きなことだからと言って、仕事として成功するかどうかは別問題。

好き嫌いよりも、自分の向き不向きで職業を選ぶことを個人的にはおすすめします。

 

理由なく落ち込む

特に何かあるわけではないが、なんとなく仕事が辛いと落ち込むパターン。

明確な原因があるわけじゃないけど、とにかく辛いと感じるシーン多いですよね。

 

解決方法
メンタル強化のトレーニングを行なって改善すること。

落ち込みやすい人は、単純にメンタルを鍛えれば改善が可能です。

私自身、20代前半はメンタルがめちゃくちゃ弱かったのですが、鍛えて強くなりました。

 

どうやって鍛えればいいの?

 

実際に私がやっていた行動で効果が大きかった方法を5つご紹介します。

以下の記事でまとめていますので、ぜひ読んでみてください。

 

仕事を辞めたい人がメンタルを鍛える5つの方法

 

仕事が辛い人は環境を変えるべし

上記にて、仕事が辛い人向けの原因と対策をご紹介してきました。

見ての通りですが、結局は「異動」か「転職」で環境を変えれば解決可能です。

まずは社内で異動願いを出してみて、ダメなら転職という流れが良いでしょう。

 

転職ってどうしたらいいの?

 

転職が初めてだという人は、エージェントに相談してみるのが一番良いです。

すぐに転職する気がなくても、色々教えてくれるのでおすすめですよ。

 

おすすめの転職エージェント3選
リクルートエージェント
DODA
マイナビジョブ20’s

リクルートエージェント

日本最大の転職エージェントで、求人数も最も多いのがこの会社です。

初心者の方は絶対に押さえておくべきで、安心感もあるので気軽に利用できます。

私も利用経験ありますが、担当者の質も高くて総合評価はとても高かったです。

 

リクルートエージェントの転職面談は評価オールAだった

 

DODA

私が直近で活用したエージェントで、担当者の質と対応が抜群によかったです。

求人数もリクルート並に豊富で、大手からベンチャーまで幅広くカバーしていました。

リクルートとDODAは間違いがないので、同時に登録しておくと良いでしょう。

 

【体験談】dodaの転職面談の流れと内容を5段階評価してみた

 

マイナビジョブ20’s

20代専門の求人を取り扱っているのがこの会社で、20代の優良求人がたくさんあります。

若手人材を求めるベンチャー企業が多いので、挑戦心がある20代は超おすすめです。

 

マイナビジョブ20’sの無料登録はこちら 

 

まとめ

仕事が辛いと感じている人に向けて、原因と解決策をご紹介してきました。

この内容を理解して実践すれば、一気に仕事が楽しくなることでしょう。

 

では最後に、いま一度おさらいをしておきましょう。

 

仕事が辛い7つの原因と解決策
①上司とウマが合わない→異動願い
②仕事量多い→優先順位改善、無理なら上司に進言
③仕事を教えてくれない→ググる、その後聞きに行け
④仕事ができない→転職か異動願い
⑤労働条件が悪い→転職
⑥好きな仕事でない→好きと向き不向きは違う
⑦理由なく落ち込む→メンタル強化すべし

 

私自身も20代の頃は、みなさんと同じように仕事が辛すぎてメンヘラ状態でした。

でも、上記のような対策をやったことで、30代は仕事が最高に楽しくなりました。

ぜひ期待と希望を持ち、行動してもらえると嬉しいなと思っています!

コメント