携帯電話の4割値下げ。出る杭は打たれるし、足も引っ張られるという話

スマートフォン4割値引き 経済
economy-smartphone-discount

今話題になっている携帯料金の4割値下げ騒動。菅官房長官が「携帯料金は4割程度の値下げ余地がある」と発言されたことを受け、携帯各社はこぞって批判していますね。

それもそのはず、これまで収益の柱だった携帯料金が単純に4割減になるわけですから。まだ口頭での発言に止まっていますが、ゆくゆく政府を挙げて取り組んでいくことを考えたら、携帯業界は戦々恐々としているでしょうね。。。

Sponsored Link

政府からの圧力は世の中の必然である。出る杭は打たれる。

 

携帯料金の4割値下げ問題は、ユーザーが高い料金を負担させられ携帯業界が大儲けしているという歪んだ構図が発端です。確かに、前から携帯電話は高いと思っていたし、格安スマホが生まれてくる背景には、スマホ料金の高騰があるんだと思います。

表向きの背景は今お伝えした通りなんですが、もう一つ覚えておいてほしいのは「出る杭は打たれる」ということです。携帯会社は、たくさん儲けていたことで政府から絞められたのです。つまり、出てきた杭を政府に打たれたわけですね。これは世の中の見えないルールであり、社会を平穏に保つための人間の本能なんです。

2006年に起きたホリエモンが運営する会社「ライブドア」の事件。有価証券報告書虚偽記載や偽計などの疑いで経営陣が逮捕された事件ですけど、未だになぜ逮捕されたのか不明ですよね。このころのホリエモンは、プロ野球に新球団を作ると発表したり、フジテレビを買収するといって大ニュースになったり、出る杭になっていたため打たれたのです。

その後、ニッポン放送株を買収しようとして逮捕された村上ファンド事件も同様です。未だになぜ逮捕されたのか謎なんですけど、ホリエモンと共通しているのは「出る杭になった途端に外的圧力により杭が打たれる」ということです。要するに、外野から見れば目障りだし、嫉妬するから叩きたくなるわけなんですよ。

 

今回のこの携帯料金の4割カットも同じような印象を持つのは私だけでしょうか。

政府という大きな権力が一般企業や話題の人を叩く構図。これはいつの時代も変わらず起こる現象であり、政府とすればユーザーを守るためという大義名分もできますから、やりやすいはずです。

ただし私の予想では、この4割カットの背景には、政府の年金と増税の問題が大きく絡んでいると思うのです。給料が上がらないこんな時代ですが、高齢化社会により年金と税金は引き上げざるをえない。増税をするためには、国民の財源を確保しなくはいけないのですが、そこで固定費としてかかっている携帯料金に目をつけたという話だと推測しています。

携帯電話の料金が高すぎることを問題視しているのではなく、増税を成功させるための財源確保をしたいという考えなのです。このあたリは、国民のみなさまもしっかり理解しておくべきポイントですから、騙されないようにしてくださいね。

とにかく、携帯会社は政府にとって格好の出る杭だったわけなんですね。

 

日常生活でも出る杭は打たれる。おまけに足も引っ張られる。

 

携帯会社の話をしてきましたが、私たちの日常生活でもこれはいつも起きているのです。

自分が何かにチャレンジした時、勇気を出して行動した時、人よりも優れた才能を発揮した時、キラキラ輝いている時。自分が何かの分野で頭角を現した時、必ず周りの人間で出る杭を打ってくる人間がいることを忘れてはいけません。

例えば新しいビジネスを始めたり、起業した時。同じようなサービスを扱う競合から、確実に叩かれます。自分たちのポジションを脅かされると、相手を叩いて元に戻そうとする本能が働くようになっているのです。恋愛もそうで、可愛い彼女やかっこいい彼氏ができたら、周りが嫉妬心から叩き始めるのです。

またそれ以上に、足を引っ張る人間も出てきます。嫌味なことを行ってきたり、ネガティブ情報をどんどん言ってきたり、これまで協力してくれていた人が、突然冷たくなったり。自分が成長したり飛躍しようとした瞬間、周りの態度は一気に激変するものなのです。

これは、簡単にいえば「嫉妬心」からくるものなのです。

ここで私が伝えたかったことは、自分が出る杭になったけど風当たりが強くて心が折れそうだという人は、そのまま突き進んで欲しいということです。周りがあなたの足を引っ張ってくるということは、周りの人たちが望んでいるものをあなたが手にしたということなんです。そこに自信とプライドを持って欲しいなと思うのです。

例えば、就職活動で手の届かなさそうな企業に応募したり、思い切って転職活動したり、一念発起して起業したりした時。必ず周りからいろいろ言われます。ただし、そのガヤは自分が正しいことを証明しているという認識をしたらいいと思うのです。全くどうでもいいことに対しては、周りは噛み付きませんから。

先日前澤友作さんもおっしゃっていましたけど、「出る杭は打たれるけど、出すぎた杭は打たれない」のです。出る杭になった時に、打たれたり足を引っ張られたりして引っ込むからダメなのであって、それでも信念を持って出続ければ、やがて叩かれようがないくらい立派な杭になっているはずなのです。

これは、あなたの人生にも共通することだと思うので、携帯料金の4割値下げもこの現象が起こっているものだと理解してもらえたらと思います。

コメント