仕事が暇すぎて辛い人は「筋トレ」か「遊び」に徹すべし!ダメなら転職でOKでしょ。

仕事が暇なら筋トレ 転職
job-change-muscle

仕事が忙しすぎて本当に大変すぎる!という時ってよくありますよね。常に何かに追われている気がするし、やることが多すぎてヤル気も無くなってしまいます。

ただ、もっと辛いのは仕事がなくて暇な人ではないでしょうか。私も両方とも経験がありますが、断然暇な時の方が辛かったです。時間が経つのも遅いし、眠たくなるし、最悪ですね。

そんな仕事が暇すぎて辛い人に向けて、色々とご紹介しようと思います。

Sponsored Link

仕事が暇で辛い時に「筋トレ」が有効である理由

 

仕事が暇で暇で仕方ない時って、「今のうちに何かできることを片付けておこう」と思いませんか。でも、結局ヤル気が出てこなくてダラダラしてしまい、残った仕事も一向に進まなかったってこと、ありますよね。

これは、暇なことが問題なのではなくて、暇な時間を有効活用したいというヤル気が不足しているわけです。もしヤル気に満ちた状態だったら、暇な時間でもバリバリ仕事をこなせちゃうはずですよね。

 

実は入社3年目くらいの時、仕事が暇で暇で仕方ない時期がありました。日中もあんまりやることなくて、ネットサーフィンしたり、資格の勉強するふりをして漫画を読んでいたこともありました笑。

そんな時期に、たまたま東京大学で脳科学を研究している友人と飲む機会があって、仕事が暇すぎて本当に辛いということを相談したところ、

「筋トレしたらテストステロンというホルモンが分泌されるからオススメだよ!」

と言っていました。東大で脳科学勉強している奴の情報なので、信憑性ありそう。とりあえずテストステロンってなんやということで調べてみました。

テストステロンというのは、男性ホルモンの大部分を占める要素で、骨・筋肉・性欲・バイタリティ作用など男性として生きるために大切なホルモンなんだそう。別名「ヤル気ホルモン」と言われ、この分泌量が増えるとヤル気に満ち溢れるのです。

このテストステロンを増やす方法についても調べてみると、「厳しい筋トレメニューを短時間でこなすこと」が一番効果的なんだそうです。そういう意味で、東大の友人は筋トレを勧めてきたのかと、そこで納得しました。

 

その日以来、私は仕事が暇で辛くなった時は、オフィスを出て筋トレをするようになりました。幸い私が働いていた会社には、筋トレ施設があったので良かったんですけど、ない人はトイレの個室でスクワットをやっても充分効果はあると思います。筋トレは短時間でできて効果も抜群なので、時間対効果はバッチリだと思います。ぜひ試してみてください。

 

仕事が暇で辛い時に「遊び」が有効である理由

 

「暇な時に遊ぶことくらい誰でもできるよ。仕事ができないから困ってるんだよ!」

こんな声が聞こえてきそうなものですが、私が言いたい遊びとは「アフター5」のことです。遊びの意味が少し違うので注意してくださいね。

私は個人的に、日中の仕事のクオリティやモチベーションは、アフター5の過ごし方で決まってくると思っています。毎日上司と飲み歩いている人は、上司のような人になる。社外の人と情報交換をしている人は、幅の広い仕事ができるようになる。勉強会やセミナーに参加して自己研鑽している人は、考え方がクリエイティブになります。

仕事中はただ自分のパフォーマンスを発揮する場所でしかないので、野球で言えば、日中が試合で夜が練習という感じで私は捉えています。夜の練習が充実していなければ、試合でも自分の力を発揮できなくなってしまいますし、成長自体が止まってしまうのです。

 

私がいう遊びとは、仕事が終わってからの練習時間のことを言っています。何に時間とお金を投資して、自分自身を高めるかを、暇な時間を使って考えることをオススメしたいのです。私自身もこの暇な時間を使って考えた結果、NLPというビジネス心理学のスクールを見つけることができ、そこに実際に通って脳を鍛えてきました。

ただし注意して欲しいんですが、暇な時間を使ってアフター5の過ごし方を考えるのは、あまり好ましいことではありません。あくまで、筋トレしたけどヤル気がアップしなかった時の手段として知っておいてもらえたら嬉しいです。仕事中にやらなくても良い作業なので、そのあたりはオトナな対応でお願いしますね。

 

一番ダメなのが、ヤル気ないのに仕事を頑張ろうとすること

 

これ結構やりがちですよね。周りの同僚の目もあるし、ムダな仕事が降ってくるのも嫌だから、とにかく自分を奮い立たせて忙しくする方法。これは一見素晴らしいように思うんですけど、めちゃくちゃストレスが溜まるので続けるのは大変なのです。

ヤル気が出ない時は、集中力も低下しています。集中できないものは集中できないのです。ムダな努力はやめて、筋トレするか遊びのスケジュールを立てるかした方が賢明だと思います。要するに、ヤル気がないのなら、ヤル気を最短で取り戻すか別の方向に力を割くか、どちらかにした方が良いということです。

結果的に、人生が良い方向に進むのはこの2つの選択肢ではないでしょうか。

 

そもそも仕事が面白くなければ、転職でOKだと思う

 

前からよく話していますが、世界中に仕事なんて無限にあります。

今やっている仕事があなたに合っていなかったとしても、残りの「無限ー1」の仕事の中にあなたに合った仕事は必ずありますから、全く心配しなくて大丈夫です。

仕事が暇すぎて時間を持て余していたとしても、それを埋める仕事自体が面白くなかったら元も子もないですよね。そりゃあ、仕事したくなくなります笑。

今の時代は転職サイトにもたくさんの求人がありますし、私も転職する時に活用した経験もあります。私は、もともと人事や物流の仕事をやっていましたが、さすがに全く向いていないことが判明して転職サイトを使って営業職に転身しました。

転職経験者が語る、仕事を辞めたい人が転職前にやるべき3つのポイントとは。

 

転職してわかったことは、仕事は無限にあるし、一つの職場に我慢して残り続けることは無意味だということです。

ぜひ怖がらずに転職されることをオススメします!

コメント