入社6年目で突然退職。転職すると思いきや、まさかのネパール一人旅に出たときの話。

  • 2018.08.28
入社6年目で突然退職。転職すると思いきや、まさかのネパール一人旅に出たときの話。

会社を辞めてネパールへ
前回の記事からの続きになりますが、私は入社6年目で突然会社を退職しました。厳密に言えば、2年目からずっと転職したいと思っていたのに、ただビビってできなかっただけなんですけど、6年目に思い切った行動に出たんですね。

もし前回の記事を読まれていない方がいましたら、まずはこちらから読んでみてくださいね。

会社を辞めたい!と思ったその日に退職願いを出した6年目社員の実践記

Sponsored Link

会社を辞めたはいいが、転職先も決めずに半年間のニート生活

 

私は6年目の9月に退職願いを出し、11月いっぱいで会社を辞めました。あっけない幕切れでした。

とりあえず営業職に就きたいし、30歳を迎えるまでに営業で実績を残しておきたいという思いもありました。なので、次の職場は営業職だ!と、晴れ晴れしい気持ちで12月の初日を迎えたのを今でも覚えています(ちなみに有給はほぼ取れませんでした笑)。

で、何をしたかと言うとですね。

ずっとぐうたら過ごしていました。

しかも、約半年間も笑。

幸いにも退職金が数百万円支給されましたし、冬のボーナスも同時に支給されたので、すぐに生活には困ることはなかったのです。ですから、少しゆっくりニート生活でも満喫しようかな〜なんて思っていたら、本当に時の流れというのは早いものですね。

あっという間に4月を迎えていました。ニートというか、もはや無職の人間ですね。

余談ですが、そんな私が書いた転職で失敗しないための記事があるので、読んでみてね(まだ転職すらしてないけど)。

仕事が辛くて辞めたい方必見!転職して失敗する理由を3つまとめてみた。

 

人間とは恐ろしいもので、あれだけ営業をやりたいと思っていた私ですが、何もしなくて生活できるゾーンに足を踏み入れた途端、仕事なんて全くやりたくなくなったのです。これは意外な学びで、仕事を生活のためにやっていた自分に気づけたんですね。

あれだけ一生懸命やっていた仕事なのに、辞めた途端転職の熱が一気に冷めましたから。

とはいえ、家賃・光熱費・食費・交際費などで毎月どんどん出費していくので、貯金の残高もなくなってきました。そこで4月にもなったし、そろそろ転職活動をやろうと思ったのですが、ふと思いました。また会社勤めが始まったら、自由な時間がなくなっちゃうなって。

だから、今しかできないことをやっておこう!と。

あれだけお金に余裕があったのに、それを半年間で食いつぶし、さらに借金してネパール一人旅に出る決断をしました。いやいや、じゃあお金貯めとけよ!って今でも思いますが、なんともアホな行動を取ったものですね笑。

ネパールという場所自体は、旅好きな先輩にオススメしてもらって決めたんですけど、もともと海外一人旅はしてみたいと思っていたので絶好のタイイングだと思いました。

ということで、5月から1ヶ月間ネパールの旅に出ることになりました。

 

海外一人旅で人生の考え方が激変!新しい自分に出逢うことに成功

 

ネパールと決めてから購入したリスト。

・フライトチケット(行きのチケットと1ヶ月後の帰りのチケット)
・パスポート
・Tシャツと短パンとビーサン
・リュック

以上。あと日本円20万円だけ握りしめて、ネパールに旅立ちました。

初めての海外一人旅なのに、準備は皆無。首都の名前も知らないし、携帯が繋がるかもわからないし、そもそも日本円を現地通貨に換金できるのかすら知りませんでした(というか、忘れてた)。

とにかく、先入観を全く入れずにネパールという国を知ろうと思っていたので、必要最低限の準備で旅立ちました。

波乱万丈のネパールの旅は、別記事でみっちり書いていますので、そちらでお楽しみください。

初のネパール海外一人旅は、詐欺・高山病・拉致・食中毒で壮絶すぎた件

 

結論から言いますと、この1ヶ月で私の価値観は180度変わりました。

海外を旅すると人生が変わる、なんてことをよく言われますが、これは本当です。

日本の東京という小さな場所でしか生きていなかった自分が、いかに狭い世界と価値観で生きてきたのかを痛感しました。今後の仕事をどうするかではなく、今後の人生をどう生きていくかに考えがシフトしたため、帰国後の自分の生き方が大きく変わったのは事実です。

自分は小学校から真面目に勉強してきて、中学高校大学社会人まで敷かれたレールを一生懸命走ってきました。それ自体は悪いものではないし後悔も全くないのですが、ネパールという異文化の地で生活をしたことによって、自分がいかに恵まれた環境で生まれ育ち、また甘ったれているのかを自覚できました。自分探しの旅だったわけでもないのに笑。

それと同時に、日本みたいに超恵まれた環境だったら自分はなんでもできる!という謎の自信も芽生えました。感覚で言うと、ランナーズハイみたいな状態に近いのかなと思いますが、とにかくメンタルが無双状態になったことを鮮明に記憶しています。

 

ここで私が伝えたいのは、海外一人旅に出よう!なんてことではないのです。

自分がやってみたいとか、興味があると思うことは、絶対に行動に起こして欲しいのです。

結果がどうなるかわからないし、私みたいにネパールで壮絶な体験をするかもしれません笑。

ですが、自分がやりたいことをやることで、圧倒的な自信に繋がることは間違いないでしょう。

できるできないではないのです。やりたいかやりたくないかなのです。

これをメッセージとして伝えれればな〜と思いました。

 

そんな私はと言いますと、ネパールから帰国後、偶然の出会いから不動産ベンチャーに転職することに!

このあたりはまた別記事でご紹介しますね。ここからも面白いネタ満載ですよ笑

ネパール一人旅から帰国後、初日から不動産賃貸の店長に就任して売り上げNo.1獲得した話

カテゴリの最新記事