就活は髪型で印象が決まる!面接で好印象を与えるために必要な5つのポイント!

就活は髪型で印象が決まる!面接で好印象を与えるために必要な5つのポイント!

就活の面接の髪型
大学生にとって、就活はとても大事なライフイベントですよね。将来働く会社を決めるために、自己分析をしたり、エントリーシートを書いたり大変ですよね。

そんな就活生が一番緊張するのが就活面接なのではないでしょうか。良い印象を与えるためにも、挨拶や笑顔は大事なところですが、髪型も相手への印象にとても影響を与えるポイントです。

就活の面接マナーはこれで完璧!元採用担当が教える成功のための3つのポイントとは?

 

そこで今回は、就活面接で気をつけるべき髪型のポイントをお伝えしようかなと思います。

Sponsored Link

就活の面接で気をつけるべき髪型の5つのポイント

 

就活の面接は、自分のこれまで経験してきた出来事や学んだこと、チャレンジして達成してきたエピソードなどをアピールする場ではあるんですけど、見た目の印象もかなり大事です。

では、就活時の髪型はどういったことに気をつけるべきなのかを5つお伝えしたいと思います。

 

茶髪は絶対NG

 

当然といえば当然ですが、茶髪で就活面接に参加するのは絶対NGです。

近年は自由な働き方を推奨するベンチャー企業も増えてきているので、茶髪での面接OKと明記している企業もあるのですが、そこでリスクを取る必要は全くないです。勝負するポイントではないので、無難に黒髪で臨んでください。

あと意外と気をつけた方が良いのが、就活面接前に行われる企業説明会。あそこに参加する時の髪型と服装もきちんとしておくべきです。私が採用に関わっていた頃は、説明会ですでに選考は始まっていましたので、面接前にすでに落選が決まっているようなこともありました。

とにかく、会社の人と接する時は絶対に気を抜かずに髪型を整えておくことをオススメします。

 

白髪も絶対NG

 

若白髪が生えている人、最近結構見かけることがあるんですけど、これもNGなので気をつけてください。

「白髪は自然と生えてくるものだから、しょうがないのでは?」

という声も聞くんですけど、厳しいことを言えばそれは自己中心的な考えなのです。

取引先との商談時など、ビジネスシーンでも見た目の印象は大事になってくるので、若白髪はNGです。

茶髪に比べれば悪印象ではないですが、少しでもマイナス要素があるのなら、事前に黒染めしておきましょう。

ちなみに、地毛が茶色い人も黒染めしておいた方が無難ですので、抜かりなく!

 

ツーブロックは回避すべし。企業によってはOK

 

最近流行りのツーブロックですが、個人的には好きな髪型だし、自分もツーブロックです笑。

では就活生がツーブロックで面接に臨むのはどうかと言えば、かなり微妙なラインだと思います。

私が就活生だったら、ツーブロックは回避するでしょう。リスクは極力排除すべきだという考えなので。

もしもツーブロックで臨みたいという人は、ベンチャー企業であればOKではないかというのは持論です。

私が採用担当していた大企業だと、年齢層も高くお堅い職場だったので、ツーブロックはマイナスでしょう。

ある程度ラフなベンチャー企業を志望されるのなら、ツーブロックでも特に問題ないと思います。

 

ワックスやジェルを使った過度なアレンジはNG

 

ワックスやジェルは使っていいのか質問をよく受けますが、全然オッケーだと思います。むしろ、何もつけないよりも、髪型をキチっと整えた方が印象は良いです。

ただし、目立つようなアレンジは極力やめた方がいいというのは間違いないです。

ワックスであれば束感がでるような細かいアレンジは不要だし、ジェルならパリパリに固めすぎるのも不要。

清潔感を感じる程度で充分ですし、変にインパクトを感じるようなヘアスタイルは全くいらないですね。

 

ヒゲと眉毛のメンテナンスも重要。特に夕方のヒゲ対策を入念に

 

髪型をしっかり整えるのはもちろんですが、ヒゲと眉毛の処理もしっかりやりましょう。

ヒゲは綺麗に剃っておくのは大前提ですが、面接が夕方になった場合は注意が必要です。

人によっては、無精髭のように生えてきてしまう時間帯ですので、ヒゲソリ用具は携帯しましょう。

眉毛は過度なメンテナンスは不要ですが、ボサボサに長くなっている場合は整えておいてください。

 

就活の髪型は「清潔感」が最優先。過度なアピールは禁物。

 

ファッションが大好きだったり、芸術系の大学生によくありがちなのが、髪型で目立ってしまうことです。これは非常にもったいないので、過度なアピールにならないように気をつけましょう。

面接官からすれば、知りたいのはあなたの内面であり、人柄なのです。しかしながら、外見でイメージがついてしまうと、内面をフラットに判断できなくなってしまいます。これは本当にもったいないことです。

就活の場合、髪型は「清潔感」を保てればそれでOKです。それ以上のアピールは、自分自身の自己アピールでやってもらえれば大丈夫です。特に大企業だとお堅い人が多いので、髪型には特に気をつけた方が賢明だと思います。

 

髪型をきちんと整えるのはもちろんですが、面接時に気をつけるべきポイントの方がよっぽど重要です。面接官にいかに好印象を与えるか、ここがとても大事になってきます。

就活の面接マナーはこれで完璧!元採用担当が教える成功のための3つのポイントとは?

 

ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

就活カテゴリの最新記事