仕事が辛いのは環境ミスマッチが原因。解決のための5つのポイント!

仕事が辛い 転職ノウハウ
job-painful-solution
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、外資系ベンチャー勤務のもーりーです。

仕事が面白くなくて辛い。

やる気やモチベーションが上がらない。

もっと楽しく仕事がしたい!

 

こんな悩みを持ち、辛いと感じている人に向けた記事です。

この記事を読めば、仕事が辛い原因を理解し解消することができます。

なぜなら、私自身仕事が辛い状況を打破して、最高に楽しく働けるようになったからです。

毎日生き生きと仕事をするために必要なことを書いていますので、ぜひ読んでください。

 

仕事が辛い理由は「環境のミスマッチ」である

 

毎日仕事が辛くてヤバい。。

 

こう感じているサラリーマンの方、とても多いんじゃないでしょうか。

ではなぜ辛いのか、細かく分析すると「環境ミスマッチ」が原因だとわかります。

要するに、あなた自身と職場環境がマッチしていないから、辛いということです。

 

分かりやすい例として、お笑い怪獣の明石家さんまさんをイメージしてください。

彼が財務省や総務省などの官僚として、楽しく働けると思いますか?

また、人事・経理・総務などの管理系の職種をこなせると思いますか?

 

さらに、日本の総理大臣である安倍晋三さんをイメージしてください。

彼が吉本興業に入社して、お笑い芸人として成功できると思いますか?

 

答えは明白、NOですね。

理由は環境のミスマッチです。

 

二人とも日本を代表する偉人ですが、それは職場環境がベストマッチしているから。

裏を返せば、環境がマッチすれば誰でも仕事を楽しくかつ成功させることが可能です。

 

仕事を辛くするミスマッチポイント

では、具体的にどんなミスマッチが起こってしまうのでしょうか。

以下にて、5つのミスマッチポイントをご紹介したいと思います。

 

社風

会社の雰囲気が自分に合っているかどうかです。

種類は「明るい系」「ガツガツ系」「真面目系」「静寂系」などがあります。

自分の性格と社風がマッチしていないと、居心地が悪く感じてしまいます。

 

年齢層

自分が働きやすい年齢層が中心となっている会社なのかどうかも重要です。

20代?30代?40代?

20代だと活気がある傾向が強く、40代だと安定した穏やかな傾向が強いです。

 

企業規模

企業のスケールが自分のマインドと合っているかどうかです。

大企業だと、仕事が安定していて与えられた業務をこなす能力が求められます。

ベンチャーだと、変化に対応する柔軟性と主体的に仕事を作り出す能力が必要です。

中小やメガベンチャーはその中間、マルチプレーヤータイプに向いています。

自分自身の性格と照らし合わせながら、企業規模を決めることが大切です。

 

業種

自分に合った業種の会社を選択することは大切です。

例えばアパレルは華やか系、メーカーは真面目系、商社は花形系、インフラは安定系。

自分の好き嫌いではなく、性格に合った業種を選択するとより働きやすくなります。

 

業務内容

自分の力を発揮できる業務をやれているかもポイントです。

人事・経理・総務などの管理系業務が向いているのか?

企画・新規事業・コンサルなどの戦略系が向いているのか?

営業など接客系の仕事が向いているのか?

こちらも自分の性格に合わせて選択することが肝要となります。

 

いかがでしょうか。

ぜひ自己分析をして、環境のミスマッチが起こっていないかチェックしてください。

 

環境ミスマッチの3つの解決方法

 

ミスマッチはどう解決すれば?

 

ミスマッチのポイントが理解出来たら、実際に解決していきましょう。

解決方法としては、以下の3つの方法があります。

 

転職する

結論、一番の解決策は転職です。

ミスマッチを解消する最も良い方法は、会社を変えることです。

 

私自身、新卒で入社した会社から転職することでミスマッチを解消できました。

おかげで、1社目で最低評価だったのが2社目でNo.1セールスに大変化。

まさに環境を変えたことで才能を発揮できた事例と言えると思います。

 

転職ってどうしたらいいの?

 

転職をする場合は、まず転職エージェントに登録して面談してもらいましょう。

私が利用して一番よかったエージェントは、dodaです。

 

dodaの利用方法や評価は記事にまとめていますので、チェックしてみてください。

 

【体験談】dodaの転職面談の流れと内容を5段階評価してみた。

 

部署異動

会社は問題ないんだけど、業務内容にミスマッチがある場合の方法です。

例えば、人事部にいるけど営業向きの性格だから営業部に異動したいケースです。

この場合は転職する必要はないので、社内の制度を活用して部署異動しましょう。

 

直属の上司が嫌いな場合は?

 

実は仕事が辛くなる最大の原因は、上司との関係と言われています。

嫌いな上司と仕事することほど辛いものはないですし、私も経験があります。

 

ただ結論を言えば、上司との関係を理由に部署異動するのはNGです。

理由は、上司は自分で選べないかつ、運ゲーであるからです。

異動先でも嫌な上司にあたる可能性があるから、やめた方が絶対に良いです。

 

個人で起業する

そもそも会社という組織で働くことが向いていない人は、起業も検討しましょう。

人から指示を受けて仕事をするより、自分で能動的にビジネスをしたい人向けです。

 

起業ってハードル高そう。。

 

起業はハードルは高くないですし、今すぐ始められます。

ブログ・YouTube・アフィリエイト・転売など、いくらでも稼げます。

いきなり起業でメシは食えないので、最初は副業からスタートすると良いでしょう。

 

まとめ

仕事が辛い!と感じている人は、環境ミスマッチを起こしてしまっています。

そんな人はきちんと自己分析をして、ミスマッチをしている部分を解消しましょう。

では最後に、内容をまとめておきたいと思います。

 

環境のミスマッチポイント
・社風
・年齢層
・企業規模
・業種
・業務内容

環境ミスマッチの解消方法
①転職する
②部署異動する
③個人で起業する

 

一度きりの人生、思いっきり楽しんで仕事をした方が幸せに決まっています。

私も20代は本当に辛かったですが、転職を通じて30代で一気に仕事が楽しくなりました。

こちらの記事をとおして、ぜひ皆さんの悩みを解決できたらと思っております!

コメント