就活ルール変更で起こる学生争奪戦!今後の展望や2021年以降の就活はどうなるか予想。

就活ルールの変更 就活
job-searching-rulechange

本日経団連より、就職活動ルールを定めた指針を廃止するという発表がありました。これまでは、3月に会社説明会を解禁して、6月から面接を解禁するという共通ルールがあったのですが、これも廃止する方向で決まったようですね。

これは大学生にとっては非常に大きなルール変更になるんじゃないでしょうか。個人的にはかなり衝撃的な出来事なんですが、これからどんな変化が起こってくるのでしょうか。

Sponsored Link

売り手市場の日本国内で起こる、企業による学生争奪戦!

 

今日本国内の就活戦線でいうと、アベノミクスによる好景気により学生が売り手市場になっています。売り手市場とは、企業の募集人数よりも学生の数が少ない状態、大学受験でいう「定員割れ」になっているということなんです。つまり、学生有利な状況になっているんですね。

企業側からすると、優秀な学生を早く囲い込みたいわけですが、これまでは就職活動ルールがあったためにそれができませんでした。今回このルールが2021年から廃止されるので、企業は採用活動をフライングしまくれるようになります。というより、いつ学生にオファーを出しても大丈夫になるのです。

そうすると予想されるのが、優秀な高校生や大学1年生でも企業からオファーが届くことです。優秀な人材なら卒業を待たずに企業が採用して、早い段階から社会経験を積ませて人材育成できるという仕組みです。ルールがない以上はそれも可能ということになりますよね。

今の好景気が続けばという前提での話になっていますけど、逆をいえば学生は若いうちから社会経験をどんどん積める時代がくることになります。就活を待つことなく、自分が働きたい企業へ自らオファーを出してアピールすることもできますし、自由なワークスタイルを実現することが可能になるんじゃないでしょうか。

 

しかしながら、現実問題としてそう上手くいくのか?という声も相当多いようです。

実は、1996年にも経団連が同じように就職協定を廃止したことがあり、就活時期を決めないという方針を取ったことがありました。ただし2003年には「4月1日以前に選考してはいけない」というルールを新設。その後も何度も活動時期についてのルール変更が行われ、今の「3月に説明会解禁、6月に面接解禁」に落ち着いているというものです。

1996年の取り組みを再度やり直したような印象を受ける今回のルール変更なわけですね。

 

ただし私は、1996年のようにはならないと考えています。

当時は大企業こそ正義という時代でしたし、会社勤めが当たり前という常識がまだ根強い状態でした。

しかしながら、今の時代はインターネットがほぼ完全普及していますし、スマホがあれば会社の外でも仕事ができちゃいます。在宅でもリモートワークできますし、パソコン1台あれば簡単に起業もできちゃう時代です。高校生でも自宅でビジネスを立ち上げれますし、働き方の多様性は大きく変わっています。

優秀な人材はどんどん自分で起業してサービスを作っちゃいますし、人材確保は企業にとって死活問題となりつつあるのです。学生側からすれば、ルールがなくなって自由に就活ができるようになりますが、捉え方を変えれば、自発的に動かなければドンドン置いていかれる時代になるということでもあるんじゃないでしょうか。

高校生も大学生もウカウカしてられなくなりますね。

 

ベンチャー企業はピンチ?大企業がインターンシップ戦略を考案か

 

先ほど書いた通り、今の時代は売り手市場なので学生が有利な立場となっていますので、企業は優秀な人材の確保に手を焼いている状況です。では、就活ルール変更で企業はどのように対応してくるのでしょうか。

おそらく大企業は、インターンシップ制度を拡大してくるのではないかと思います。

もし採用ルール撤廃となれば、大企業は採用活動の早期化を仕掛けてくるでしょう。これまでは6月からしか面接できなかったわけですが、ルール撤廃により、大企業は人材の囲い込み作戦をするはず。その方法の一つとして、インターンシップ制度を活用してくるのではと考えます。

学生側からすれば、インターンシップで活躍できればそのまま内定をゲットできますから、興味のある企業にドンドン積極的にインターンシップへ行けばよくなりますね。今まさにベンチャー企業が取り入れているような施策を、大企業もやってくる可能性は大いにあるでしょう。

そうすると、優秀な人材確保のためにインターンシップを活用していたベンチャーや中小企業はピンチになります。大企業にごっそり人材を持って行かれてしまうと、ますます人材難になってしまいますよね。ベンチャーの対抗策がどういったものになるのかも注目したいと思います。

ちなみに私は大企業からベンチャーへ転職した人間なんですが、最初は大企業で働くべきだというのが自分の考えです。社会人としてのマナーや基礎を一番初めに学べるからという理由なんですけど、この流れでいけば、就活のスタートで出遅れると大企業への就職は難しくなるでしょう。

私のように、大学院に落ちて急遽就活スタートみたいなことにならないようにしましょう!笑

 

経団連や大企業は、いつの時代も遅れを取って追随するもの

 

私自身の話をすると、大学生の頃は部活動しかしていなくて、起業のキの字も考えたことのなかった人間です。おまけに大学院の研究室にも落ちて、就活しか生きていく道がないとなってから力を発揮したタイプです。

就活開始2ヶ月で業界最大手から5社内定を獲得した時の実践記

 

そのまま就職して、2011年くらいから起業に目覚めて事業をスタートしたのですが、意識の高い大学生はその頃からバンバン起業していました。結果を出して稼いでいる学生もたくさんいましたし、大学1年生の頃からベンチャー企業のインターンシップに応募して、10代から生き生きと働いている人はたくさんいました。

一方その頃、世の中では不景気だの学生の就職が厳しいだのニュースでは報道されていましたし、経団連も就活のルールをガチガチに固めていました。私が働いていた大企業も年功序列がまだまだ根強かったですし、それを解消しようという動きも全然なかった。

世の中が悪いとは全然思わないのですが、いつの時代も経団連や大企業は時代に遅れを取るものだということを知っておいた方がいいと思うのです。今もすでに時代は大きく変わっていて、AIの進化によって働き方や職業の種類も大きく変化しているわけです。

昨日もAIの影響で女性の就職率が下がっているという報道がありましたので、今どれだけ技術が進んでいるかを記事にまとめて公開しました。

就活で女性苦戦のニュースで感じる違和感。AI進化で将来失う職業はこんなにある!

 

経団連や企業がどういった方針を打ち出そうが、そのルールの中でベストを尽くせる人が勝つ。これもどんな時代でも共通している真理だと思うのですが、就活時期がないのなら、自分がしたい時にやればいいのです。私なんて、いきなり会社を辞めてネパール行っちゃう人間ですから、もともと働くことにルールなんてないと思っています笑。

入社6年目で突然退職。転職すると思いきや、まさかのネパール一人旅に出たときの話。

 

気になる方は、管理人の体験日記に面白いエピソードを載せていますので、読んでみてくださいね。

自分の人生は100%自分で決めればいいのです。変な結論になりましたが、お読みいただきありがとうございました!

コメント