就活で自己分析ができない人必見!内定大量獲得のための3つの簡単ステップ大公開!

就活の自己分析 就活ノウハウ
job-searching-threestep

どうも。もーりーです。就活をするうえで最も重要と言われるのが自己分析ですが、なかなかできなくて不安になりますよね。

私もどうやれば良いか分からなかったし、自分の強みや弱みが何か分からなかったので、結構焦りました。

そんな方々に向けて、就活成功者かつ元人事担当者からアドバイスをしたいと思います。

Sponsored Link

就活で自己分析が大事な理由

 

そもそも、就活において自己分析はなぜ大事なのか。

これは私の持論なんですけど、自己評価と他己評価を一致させるためだと思っています。

要するに、自分が見ている自分と、他人が見ている自分の印象をすり合せるためです。

 

もーりー
もーりー

ううう。。。なんか難しそうだ(~~;)

そう、これって結構難しいんです最初は。

これまで自分の内面をじっくり見つめたことがなければ、急にはできないのが難点。

でも、就活ではこの自己評価と他己評価の一致は必須項目だと思ってください。

 

自己評価と他己評価の一致については、本田圭佑さんの就活面接を例に出してみましょう。

 

本田圭佑:僕は成長欲と忍耐力の塊です。サッカーで日本代表になって、チームをベスト8に導いた実績もあります。御社でもリーダーシップをとって頑張りたいと考えています。

 

これ、自己評価と他己評価が一致していますよね。

本田圭佑さんを知らない面接官だったとしても、堂々とした態度から同じ印象を受けるはず。

この一致がないと、就活面接というのは通過できないことを知るべきなのです。

 

逆にダメなパターンは、内気なのに明るく振舞ったり、コミュ障なのにペラペラ喋ったり。

相手からすれば「普段そんなキャラじゃないよね?」って、違和感を感じてしまうのです。

そのギャップを埋めるために自己分析が必要であり、これをしないと面接官から見てもらえないのです。

ですから、就活生は8割の時間を自己分析に充てるべきだというのが私の考えです。

 

ちなみに、私の就活の優先順位はこんな感じです。

 

就活の優先順位

☆1位☆ 自己分析(8割がこれ)
2位 就活エージェント活用
3位 OB訪問
4位 ES対策
5位 面接対策
6位 SPI対策
その他 志望動機・企業研究など

 

2位の就活エージェントは後ほど説明しますが、自己分析が圧倒的に大事です。

では、自己分析はどうやってやれば良いのかという部分を掘り下げたいと思います。

 

就活の自己分析ができない人向けの3ステップ

 

それでは早速ですが、自己分析が苦手な人のための3ステップをご紹介します。

 

過去に感情が大きく動いた出来事を書く

 

まずはじめにやって欲しいのが、感情が大きく動いた出来事の書き出しです。

よく自分史と呼ばれるのですが、まずは自己評価をすることが目的でやってください。

 

なぜ感情の動きを分析するのが大事なのか、ちょっとこちらを見てみてください。

 

メンタルの仕組み

 

自分の性格って、どうやって形成されているのかという簡単な図です。

普段生活をしていると、メンタルブロックによって守られているので性格が変わることはないです。

ただ感情が高ぶった時、このブロックを超えて性格に影響を与えると心理学で言われています。

 

つまり、過去のあなたの感情が動いた出来事を分析すれば、あなたの性格が分かるのです。

部活の試合・家族との思い出・失恋・受験・文化祭などなど、とにかくたくさんです。

これらの出来事で、どんなことが起こってどう感じ、そして今の性格のどの部分に影響を与えているのか。

 

これをじっくり時間をかけてやってください。

理想はノート1冊を全て埋めるくらいです(大変ですけど、やれば完璧です)。

 

友人に他己評価をしてもらう

 

自分史を書いて自己評価がある程度終わったら、次は他己評価に移りましょう。

他己評価を把握するのに一番ベストなのが、友人から自分を評価してもらうことです。

 

もーりー
もーりー

えええ。。友達から評価されるの怖い。。

そう、そうなんです、私もそうだったんです。

逆を言えば、これができるかできないかで、就活面接の合否が大きく分かれます。

自分史を書いて自己評価するのはもちろん大事なのですが、他人から見た自分は意外と印象違うことがよくあるんです。

 

私の経験談なのですが、就活時代はコミュ障で内気な性格だと自分で思い込んでいました。

でも、友人から評価してもらった時、

えっ?お前友達とメチャ気さくに話してるやん。接しやすいし営業向いてるぞ絶対

と言われたことを、今でも覚えています。

 

この一言がなければ、私は就活面接でピントのずれた自己アピールをしていたでしょう。

友人から評価を聞くのは怖いかもしれませんが、ここに就活成功の鍵が眠っているのです。

 

就活のプロに相談する

 

自己評価と他己評価ができたら、最後は就活エージェントでプロに相談しましょう。

先ほど就活の優先順位2位にあったと思うんですが、このサービス活用は重要です。

 

就活エージェントとは、就活のプロがES・自己アピール・面接などの対策をしてくれる企業です。

これは近年始まった素晴らしいサービスなので、活用したもの勝ちだと思います。

 

なかでも私がおすすめなのが、キャリアチケットです。

 

レバレジーズ株式会社

 

レバレジーズ株式会社が運営する、2017年6月に始まった優れたサービスで良いです。

就活生に優しい無料でのカウンセリングとなっているので、利用する価値ありだと思います。

 

「無料か。。すごく興味あるけど、なんか怪しい。。」

 

そう思われる人もいると思いますが、大丈夫です安心してください。

詳しいサービスについては、キャリアチケットのサービス内容と評判を徹底調査で書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

いますぐ登録したい方はこちら⬇︎

 

まとめ

 

今回は、就活で自己分析ができないという人に向けて、アドバイスしました。

実際に私は、就活2ヶ月で内定4社をゲットして、さらに人事採用にも携わりました。

就活生と企業の両方の視点から見た、自己分析はこれがベストではないかと思います。

みなさんの就活の成功を、心からお祈りしています!

 

就活完全攻略マニュアル

コメント