仕事に行きたくないはこれで全解決!具体的な原因と対処法をまとめてみた

企業分析
もーりー
もーりー

元大手石油会社出身、外資MGのもーりーです!

・もう仕事行きたくなくて辛い…
・仕事行きたくない悩みの解決法を知りたい
・楽しく仕事をする秘訣はなに?

 

こんな悩みを抱えている人に向けた内容の記事になっています。

この記事を読めば、仕事に行きたくない悩みの原因と解決法が分かるようになります

私自身、新卒入社の会社の上司から同期最低評価を受けてた際、毎日毎日仕事に行くのが辛すぎて仕方ありませんでした。

そんな経験を踏まえて、仕事行きたくない時はどうすれば良いのか書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

仕事に行きたくない2種類の原因とは

そもそも、私たちはなぜ仕事に行きたくないと思うんでしょうか。

コンビニやカラオケに行く時は何も思わないのに、仕事となると足が止まりますよね。

週5日の仕事が辛ければ、長い社会人生活がずっと苦しいものになってしまいます。

 

そこでまずは、仕事に行きたくない原因はいったい何なのかを明確にしたいと思います。

この問題は大きく分けて2種類の原因がありますので、以下にて解説していきます。

 

一時的なもの

その日だけもしくはたまに訪れる「仕事行きたくない」という衝動です。

具体的には、このような原因で起こるケースが多いと言われています。

 

連休明けで体がだるい
深酒をした翌日で体調が優れない
大事な会議や仕事があって緊張する
前日遅くまで残業して体が重い
ミスをして気分が落ち込んでいる
何となく気分が上がらない

 

あなたも一度や二度は、経験したことがある悩みではないでしょうか。

この手の原因は、症状としては軽くかつ時間が解決してくれることがほとんど

あとで対策については書きますが、対処療法として知ってもらえたらと思います。

 

慢性的なもの

単発ではなく長期的にずっと悩みとして抱えているような原因です。

慢性的に悩み続けるものなので、なかなか厄介な問題であることが多いですね。

具体的にはこんな悩みが該当すると思われます。

 

業務過多で労働時間が長い
上司とそりが合わなくて辛い
上司からのセクハラパワハラがひどい
やりたいことができず楽しくない
待遇面で不満がある
職場の人間関係が良くない
仕事ができない自分に自信がない
上司からの評価に納得がいかない

 

この手の問題は、時間が経っても自然と解決とはならないものです。

慢性的な原因の場合は、早期に解決するための行動が必要になります。

早く手を打たないと、場合によっては心身に悪影響を及ぼすことがあるので、とても危険と言えます。

 

どんな解決策があるの?

 

具体的にどうやって解決すれば良いのか、これからご紹介していきたいと思います。

 

仕事行きたくないを解消する方法(一時的なもの)

転職前のチェックポイント

先ほどご紹介したなかから、一時的に仕事行きたくないと感じた際の対策を考えていきましょう。

 

低空飛行をする

連休明けで体がだるい
深酒をした翌日で体調が優れない
前日遅くまで残業して体が重い

 

気分や体調が優れないときは、仕事をセーブしながらやり過ごすと良いです。

なぜなら、この状態の時は仕事のパフォーマンスはをあげるのは不可能に近いからです。

その日にやらなければいけない最低限の仕事はやって、それ以外のことは翌日に回す。

もちろん気合と根性に自信がある人はストイックに追い込んでもいいですが、ケアレスミスを起こす可能性も高いので注意してください。

 

入念に準備をする

大事な会議や仕事があって緊張する

 

将来に対する不安や緊張は、入念に準備をすることで和らげることができます

なぜなら不安や緊張というのは、未知であればあるほど強く感じてしまうからです。

例えば大事な会議でプレゼンをすることに不安や緊張を抱えているのであれば、当日のイメージが不足していると言えます。

つまり当日の具体的なイメージを持つことができれば、不安や緊張は大きく和らぐことができるのです。

 

例えば、以下のような作業をやるといいです。

 

出席者のメンツを確認する
出席者の席次をチェックする
プレゼン資料を何度も見見直す
ロープレを何度も繰り返す
想定問答を書き出す
当日の会議室を下見する
会議の目的とゴールを再確認する

 

このようにタスクを細分化して、事前に確認して準備をしてみましょう。

意外ときちんとやってない人が多く、そんな人に限って不安や緊張を自分で高めてしまっているのです。

 

好きな音楽を聴く

連休明けで体がだるい
ミスをして気分が落ち込んでいる
何となく気分が上がらない

気分がなかなか乗ってこないっていう日も、たまにありますよね。

テンションが低い日そんな日は、朝から好きな音楽を聞いて出勤してみてください。

これだけで気分は結構上がるのでおすすめです。

 

ちなみに私のおすすめは、ヒーリング系の音楽を聴くことです。

特にα波を分泌してくれる音楽はかなりリラックス効果高いので、気分も良くなります。

 

仕事行きたくないを解消する方法(慢性的なもの)

では次に、慢性的なものの解決策をご紹介していきたいと思います。

こちらの問題はわりと根深いケースが多いので、じっくり読み込んでくださいね。

 

上司との面談を行う

業務過多で労働時間が長い
待遇面で不満がある
上司からの評価に納得がいかない

 

業務過多の場合や待遇・評価に不満がある場合は、上司と直接会話するのが一番いいです。

なぜなら、この手の問題は上司はあなたに起こっている問題に気づいていないケースが多く、一向に改善されない可能性が高いからです。

 

私自身、業務過多になった時は今でも上司にすぐに伝えるようにしています。

理由は、自分が仕事をスピーディに対応できないと、クライアントや仲間に迷惑がかかるからです。

たまに「自分ができない」ことを公言できない人がいるのですが、かえって逆効果です。

オーバーフローする前に上司に伝えることは、上司的にはプラス評価になりますよ。

 

ただ1つ注意すべきなのは、不満やクレームをぶつける面談はNGです。

具体的に何が不満でどうしたいかを伝えなければ、問題解決にはなりませんよね。

頭の中をしっかり整理した状態で、建設的な会話をすると気分もスッキリするはずです。

 

社内の相談窓口に問い合わせる

上司からのセクハラパワハラがひどい

 

セクハラ・パワハラなど、社会問題に当たるようなことは相談窓口へ連絡しましょう。

社内で必ず設けられてるはずなので、そこに相談をすると良いと思います。

ただベンチャーのような小さな会社は機能していない可能性があるので、その場合は外部の窓口に相談してもいいです。

 

上司がエスカレートしないか心配・・

 

セクハラやパワハラというのは、上司が100%悪いので気遣いは不要です。

あなたは何も悪くありませんので、落ち込む必要もないですし遠慮なく相談しましょう。

 

異動願いを出す

上司とそりが合わなくて辛い
上司からのセクハラパワハラがひどい
やりたいことができず楽しくない
職場の人間関係が良くない

 

所属部署の上司や職場に不満が募っている人は、異動願いを出した方がいいでしょう。

特に人間関係や仕事のミスマッチが理由であれば、この方法は最適だと思います。

 

組織が大きければ大きいほど、配属先は自分の意見が反映されにくいもの。

なので、今の職場環境が嫌なら自ら異動したいと強く粘り強く主張する必要があります

 

ただ1つ注意点としては、ネガティブな理由で異動願いを出すのは避けましょう

いくら筋が通ってたとしても意見が通りにくいのでやめたほうがいいです。

本心がそうであったとしても、可能な限りポジティブな理由にして主張しましょう。

 

長期休暇を取る

精神的に限界を感じたら、長期休暇をとってリフレッシュしましょう

我慢して働くことが美徳という文化が日本人にはありますが、忘れましょう笑。

辛い時はサッと逃げて、しっかり休めばいいのです。

 

1週間でも1ヵ月でも3ヵ月でもいいので、会社に休暇申請を出しましょう。

その時間を使って、今後の人生の事をゆっくり考えるのもいいと思います。

会社から解雇されたら、そのレベルの会社だったんだと思って切り捨ててOKです。

 

というのも私自身、新入社員の頃に精神的に参ってしまい休暇を取った経験があります。

幸い1週間で回復しましたが、今思えばうつ状態になっていたんだと思います。

思い切って休暇をもらった行動は大正解だったと今でも思うので、おすすめです。

 

転職する

業務過多で労働時間が長い
やりたいことができず楽しくない
待遇面で不満がある

 

今いる会社に勤めている以上問題解決できなそうなら転職しましょう

ブラック企業・給与が低い・社風が合わない・やりたい仕事があるなど、転職で解決できそうなら積極的に会社を変えましょう。

 

私個人的な意見を言えば、転職はどんどんすべきだと思っています。

なぜなら、自分に合う会社を選択することは人生でも大切な行動だと思うからです。

社会人人生は40年以上と長丁場なので、働きやすい職場選びは死活問題なんですよね。

 

転職ってどうやればいいですか?

 

こんな人は、私が3度の転職で感じたおすすめの転職エージェントを読んでください。

転職の成功=優良なエージェント選びと言っても過言ではないので、必ずチェックください。

 

【厳選】転職で役立ったおすすめエージェント6選とサービス3選
過去の転職活動で使い、非常に役立った転職エージェント6つと転職サイトおよびサービス3つをまとめました。大手企業・中小ベンチャーやミドル・ハイキャリ向けの転職エージェントなど、上手く活用するための情報を集約しています。ぜひ参考にしてください。

 

自己投資する

仕事ができない自分に自信がない

 

仕事行きたくない原因が自分自身にある場合、自己投資してレベルアップすべきです。

なぜなら、普段の仕事だけで仕事ができるようには到底ならないからです。

 

私自身の体験談なのですが、私自身入社3年目に同期80人中80番目の評価を受けました。

当時は自己投資など全くせず、普段の仕事を頑張れば成長できるものだと思っていましたが、周りとの差は全然埋まりませんでした。

もちろん多少実力は上がりましたが、周りの同僚も同じく成長するわけですからね笑。

当然といえば当然の話です。

 

なので、プライベートの時間で自己投資をしてレベルアップする必要があるのです。

具体的には、以下のような自己投資方法があります。

 

英会話レッスン
TOEIC 受験
メンタルトレーニング
筋トレ
瞑想

簿記
読書 

副業

 

代表的なものをピックアップしましたが、個人的なおすすめはメンタルトレーニングと副業です。

 

メンタルトレーニングは私の経験則で、仕事が劇的にできるようになった経験ありです。

「メンタル制する人は仕事を制する」くらい、必ず効果がある方法と言えます。

 

副業も経験則なんですが、自分でお金を稼ぐ力が身につくので仕事の質が上がります。

驚くほど広い視野で仕事ができるようになるので、高いレベルを目指す人におすすめ。

 

以上、仕事に行きたくない時の対処法を詳しく紹介してきました。

今のあなたの状況に合わせて、適切な対策を取っていただけると嬉しいです。

 

まとめ

仕事に行きたくない!と思う人に向けて、その原因と対処法をご紹介してきました。

大切なのは、きちんと原因を把握して適切な対処をすることだと思います。

 

うう、でもまだ仕事行きたくないわ・・

 

こんな人も当然いると思いますし、この記事を読んだだけでは解決しません。

なのでまずは実践あるのみなので、1つでも良いのでまずは行動に移してみてください。

もし個別で色々聞きたい!って方は、公式LINEの友達登録して相談くださいね。