大企業がつまらないと感じる6つの原因とは?解消法とベンチャーの魅力もまとめ!

大企業つまらない 転職ノウハウ
jobchange-bigcompany-boring
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・大企業つまらないんだけど、なにが原因か知りたい!

・転職も考えているけど、大企業はコリゴリだよ。。

・もっと刺激的で楽しい人生にするためには?

 

こんな悩みを持っている大企業社員の方に向けた内容になっています。

この記事を読めば、大企業がつまらない原因が分かり、楽しい人生への一歩を踏み出せます

なぜなら、私自身も大企業でつまらない思いを抱き続けた経験があるものの、問題解決して楽しい人生に変えられたからです。

以下にて、大企業でつまらない思いをしている方へのアドバイスをまとめていますので、ぜひ読み込んでください。

 

大企業をつまらないと感じるのはダメなのか?

 

大企業つまらないけど、贅沢だよな。。

 

せっかく就活で成功して、晴れて大企業への切符をつかんだんだから、多少の我慢は必要。

そうやって自分を言い聞かせて、大企業への不満を溜め込んでいませんか??

 

私の経験上、大企業をつまらないと感じる人は今の時代に合っている貴重な人材だと思っています。

なぜなら、私の知っているビジネス成功者の方々のほとんどが、大企業転職組だからです。

外資系・ベンチャー・起業・海外移住など、多方面に飛び出しバリバリ頑張っています。

 

つまり、大企業をつまらないと感じるのは全くダメなことではないです。

就活で大企業に入社できたのはもちろん凄いことですが、大事なのは今後の人生です。

社会人生活が充実していない現状があるなら、これからの人生を冷静に考える必要があります。

 

大企業がつまらない6つの原因

では、なぜ大企業ってつまらないと感じてしまうのでしょうか。

ここでは、具体的な原因を6つ挙げてみたいと思います。

 

敷かれたレールを歩いている

大企業へ就職すれば、今後の年収・業務・役職・職場環境など全て先が見えてしまいます

したがって、目の前に敷かれたレールを歩んでいる感覚になりモチベーションの維持が難しくなります。

変化を好む人にとっては、先が見えている状況は苦痛に感じてしまうでしょう。

 

憧れの先輩がいない

敷かれたレールを歩んだ先に自分が憧れる先輩がいれば良いのですが、残念ながらいないケース。

仕事ができても、家庭崩壊・愚痴っぽい・ネガティブ・陰湿・老けてる・ハゲデブなど笑

 

あんな風にはなりたくない。。

 

気持ちは痛いほど分かるのですが、同じ環境で年月を積み重ねれば似ていくのが現実です。

なので、尊敬できるような先輩を見つけられない人は危険だと思った方が良いです。

 

好きな場所や仕事を選べない

大企業は全国各地への転勤や部署移動が普通なので、基本自分の意志で場所も仕事も選べません

これは何歳になっても変わることはなく、前の会社では50歳で東京から地方へ転勤とかも普通でした。

大きな組織で働く以上、個人の希望を通すのは不可能なので、場所と仕事の選択はほぼできません。

 

人間関係が閉鎖的

大企業は組織が大きいがゆえに、社内での人間関係で完結してしまいます。

したがって、関わる人が長年固定されてしまうので、閉鎖的になり思考が偏ってしまいます

ベンチャーなら組織が小さいので、社外との人間関係が多く思考の幅は広げやすいです。

社会人として今後も活躍するなら、頭が凝り固まってしまうのはかなり危険だと思います。

 

体質が古く時代遅れ

大企業はシステム的に年功序列ゆえに、社長を含めた経営層がだいたい60歳付近です。

その影響もあり時代の流れや流行りに鈍感なので、社内が旧来の体質のままとなります。

SNS戦略、youtube活用、VRやAIなどの最新技術を扱いたい人には不満があるかもしれません。

 

挑戦できる環境がない

大企業はすでにビジネスが完成されているので、 新規事業はほぼほぼありません

新規事業がなければ、新しく挑戦できる環境に身を置けないので自己成長しにくいです。

刺激の多い、自己成長の大きな仕事をやりたい人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

 

以上、6つの原因によって大企業をつまらなくさせている可能性が大きいです。

思い当たるふしがある方は、ぜひ以下の対策までしっかり読んでください。

 

大企業のつまらないを解消する方法

 

大企業がつまらない原因は分かったけど、どう解消するの?

 

こんな思いを抱いている大企業の社員の方もいらっしゃると思います。

結論からいえば、大企業からベンチャーに転職をすることで全て解決できます

なぜなら、ベンチャーは大企業にはない以下3つの魅力があるからです。

 

新しい挑戦により自己成長できる

ベンチャーの醍醐味ですが、新しい事業をたくさん経験できるので自己成長ができます。

人は、新しいことに挑戦することでしか成長できないと思っているので、大企業では難しいのです。

 

大企業でも新しいことはできるけど。。

 

はい、大企業でも新しいことはできますが、ベンチャーの方が裁量が大きい分成長も大きいです

私の経験で言っても、大企業の6年よりベンチャーの3年の方がはるかに成長が大きかったです。

新しい事業を重要なポジションで経験させてもらえるのは、ベンチャーならではでしょう。

 

自分の専門分野を作れる

ベンチャーは、入社後の仕事内容が最初から明確なので、専門領域を作れるメリットがあります。

先ほどお伝えしたとおり、大企業は好きな仕事も場所も選べませんが、ベンチャーなら可能です。

なので、自らの意志で専門領域を作ることができるので、自分の武器を持てるようになります。

 

私自身、仕事も場所もなぜ自分で選べないのか。。という悩みを大企業で抱えていました。

ベンチャーに転職することであっさり解決できたので、心底よかったと思ったのが率直な感想です。

 

キャリアアップができる

上記の専門分野を作れるようになると、キャリアアップができるようになります。

大企業にいると、キャリアという言葉は聞きなれないかもしれませんが、ベンチャーでは普通です。

自分の武器である専門領域を極めると、他社から条件の良いオファーを受けやすくなります。

 

このとおり、ベンチャーへ転職することによるメリットは非常に大きいです。

また最初にお伝えしたとおり、大企業からベンチャーへ転職した人こそ大成功しやすいです。

 

でも、ベンチャーのデメリットもあるでしょ?

 

私の経験上、デメリットは一時的に年収が下がることがデメリットだと思っています。

しかし、実績を上げれば年収はV字回復できるので、心配する必要はないと考えます。

そのあたりは、以下の記事で詳しく経験談を書いていますので、読んでみてください。

 

【経験談】20代で大企業からベンチャーに転職したら、5年で年収がV字回復した

 

大企業からベンチャーに転職する方法

 

ベンチャーに転職する方法は何がベスト?

 

いざ転職を考えた時、どうやるのがベストか気になりますよね。

結論からいうと、最大手の転職エージェント2社を使うのが経験上良いと思っています。

その理由は、具体的に以下のポイントがあると考えています。

 

・大手ゆえに大企業社員の心理を理解できる
・仕事ができる人が比較的多い
・求人の数も質も一番良い
・自分の体験談として最大手2社が最もよかった
特に最後の「体験談」が一番大きな理由で、やはり大手はサービスが最も良かったです。

その大手2社というのは、リクルートエージェントdodaです。

 

これらのサービスの感想や評価については、以下の記事で詳しく書いていますので読んでください。

 

リクルートエージェントで転職面談してみたら評価オールAだった件

 

dodaの転職面談の流れと内容は?5段階で細かく評価してみた。

 

まとめ

上記の内容を理解できれば、大企業がつまらない理由を知り、対処できるようになります。

大企業でくすぶっていて悩んでいる人は、じっくり読み込んでくださいね。

 

では最後に、今一度おさらいをしておきましょう。

 

大企業つまらない6つの原因
①敷かれたレールを歩いている
②憧れの先輩がいない
③好きな仕事や場所を選べない
④人間関係が閉鎖的
⑤体質が古くて時代遅れ
⑥挑戦できる環境がないベンチャー転職おすすめの3つの理由
①新しい挑戦で自己成長できる
②専門分野を作れる
③キャリアアップができる

一度きりの人生、違和感のある企業でじっと我慢して勤め続けるのはナンセンスです。

私自身、大企業からベンチャーに転職して成功を収めた人間であり、行動して良かったです。

この記事を読んで、新しい一歩を踏み出す人が増えれば良いなと思っています。

コメント