【経験談】嫌いな上司への効果的な4つの対処法。根本解決なら転職がベスト。

上司嫌いの解決ほう 転職ノウハウ
jobchange-boss-solution
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・上司が嫌いで会社いくのが辛い。

・嫌いな上司への対処法はあるの?

・もっと働きやすい環境を手に入れるには?

 

こんな悩みを抱えている人に向けて、記事を書いています。

この記事を読めば、嫌いな上司と良好な関係を築き、会社で楽しく仕事ができるようになります

なぜなら、私も物凄く嫌いな上司がいたものの、関係改善して楽しい職場にした経験があるからです。

以下にて、上司との関わり方についてまとめていますので、じっくり読み込んでください。

 

上司が嫌いってダメなの?

そもそも、上司が嫌いなのってダメなことなんでしょうか。

結論からいえば、上司が嫌いというのは世の中的には普通だと言っていいと思います。

その証拠として、以下のようなデータがあるからです。

 

上司嫌い

これは2018年に行われたアンケート結果なのですが、76%の人が嫌いな上司がいると答えました。

4人中3人が嫌いな上司との関係に悩んでいると考えれば、これが普通だと思えますよね。

 

先に言っておくと、上司は自分で選べない会社がほとんどなので運ゲーです。

特に大企業なら、異動によって上司がコロコロ変わるので、常に運ゲー状態なのです。

なので、上司が嫌いになることは全く問題ではないと思って大丈夫です。

 

上司を嫌いになってしまう理由

では、具体的にどんな理由で上司を嫌いになってしまうのでしょうか。

まずは、なぜ上司が嫌いだと感じているのかの原因を理解した方が良いです。

以下で、上司が嫌いになるパターンを挙げていますので、自分に当てはまるかチェックしましょう。

 

仕事ができない
高圧的な態度をとる
仕事の指示が不明確
生理的に受け付けない
話しかけにくい
責任をなすりつける
セクハラが横行している
パワハラがひどく萎縮してしまう
飲み会にしつこく誘われる
ざっと挙げましたが、あなたが上司を嫌う理由も含まれていることでしょう。

私の経験では、「高圧的な態度」「パワハラがひどい」「飲み会にしつこく誘われる」が特にひどかったですね。

これらに該当する項目が多ければ多いほど、上司嫌いがひどいと言えるでしょう。

 

ただし、先ほども言ったとおりどんな上司の元で働くかは運ゲーです

あなた自身が悪いことは全くないので、上司自身の人間性や相性の問題だと思いましょう。

 

嫌いな上司への4つの対処法

上司の巡り合わせは運ゲーだとはいえ、嫌いな上司と仕事をしなくてはいけないのが現実。

そこで、嫌いな上司の元でも楽しく仕事をするための対処法を4つご紹介したいと思います。

 

嫌いな上司の上司に相談する

まず1つ目は、上司よりも上の役職の方に悩みを打ち明けることです。

これをおすすめする理由は、上司の影響で自分自身の評価が下がってしまうことを防ぐためです。

 

嫌いな上司といるとヤル気出ない。。

 

私の経験上、嫌いな上司のもとで働くとメンタルが下がり仕事のパフォーマンスも下がります。

すると、上司の評価も下がってしまうので結果的に自分が損してしまうことになります。

なので、自分のパフォーマンス低下は上司との関係性が大きく影響していると伝えるべきです。

 

相談相手としては、嫌いな上司の上司に当たる人が理想的です。

たまに別部署の仲の良い管理職に相談する人がいますが、おすすめしません。

理由は「上司たちから信頼を損なうから」でして、そこは筋を通しておくよう注意です。

 

同じ部署のメンバーと良好な関係を築く

自分が所属する部署の同僚たちと、仲良くなっておくことが大切です。

これは、同僚を自分の味方につけておくことで精神的苦痛を和らげるためです。

 

上司vs自分」の構図になってしまうと、精神的に辛くて耐えられません。

上司vs同僚」とすることで、嫌いな上司への感情も緩和されるのでおすすめです。

 

ただし、同僚でグルになって上司を仲間外れにするのは絶対にNGです。

嫌なことがあった時に、共感できる同僚をたくさん作っておくことが大事なのです。

 

仕事で圧倒的な結果を出す

私が一番おすすめしたいのは、仕事で圧倒的な実績を出すという方法です。

なぜこの方法が良いかといえば、上司があなたに全く口出しができなくなるからです。

 

上司が嫌いでそもそも仕事に集中できないです。。

 

こんな状態になっている人も多いかもしれませんし、私も実際にこの状況になっていました。

ただ厳しいことを言うなら、仕事の成績を上司のせいにしているだけで、努力不足でもあります。

上司を驚かせるくらい質の高い仕事をすれば、上司もあなたに何も言えなくなるでしょう。

 

あともう1つの効果として、仕事を全力で頑張ることで上司が眼中に入らなくなります

なぜなら、上司が嫌いな気持ちよりも、仕事で結果を出したい思いの方が強くなるからです。

これが一番理想的な「嫌いな上司撃退法」なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

部署異動の希望を出す

これは最終手段ですが、どうしても上司が嫌いすぎる場合は異動願いを出しましょう。

なぜ最終手段かと言えば、異動先で良い上司に巡り会えるかが運ゲーだからです。

また、もし良い上司に巡り会えても、いつ異動で上司が変わるかもわかりません。

 

とはいえ、今の上司に限界を感じているなら、異動した方がマシです。

今の職場で改善の余地がないと判断すれば、思い切って異動願いを出しましょう。

 

根本解決するなら転職が一番である

ここまで、嫌いな上司への対処法を解説してきました。

ただし、この対処法は短期的なものであり、長期的にみれば転職が一番だと考えています。

 

え?なんで?理由は?

 

これは経験談なんですが、自分に適した会社なら上司が嫌いでも悩まされることはないです。

たとえ上司が嫌でも、職場環境がよければ仕事も伸び伸び楽しくできるので悩まないのです。

つまり、上司が嫌いで悩んでいる時点で、その会社はあなたに合っていない可能性大です。

 

私も最初に入った石油会社では、上司と全く気が合わず悩んでばかりいました。

でも28歳で思い切って転職してからは、上司との関係で悩むことがなくなりました。

結局は、自分が働きやすい環境で仕事をするのが一番良いという結論なのです。

 

転職について相談する方法は??

 

いますぐ転職しなくても、転職ってどんなものなのか知っておいた方が良いです。

私がおすすめする一番良い方法は、大手の転職エージェントに相談することです。

特に、業界トップ2のdodaリクルートエージェントを利用すると良いでしょう。

 

この2つのサービスの詳細は、私の体験談を記事にしていますので読んでみてください。

 

 

<リクルートエージェント>

リクルートエージェントで転職面談してみたら、評価オールAで最強だった

 

<doda>

【体験談】dodaの転職面談の流れや内容、5段階評価で採点してみた

 

まとめ

上記のとおり嫌いな上司対策をすれば、今よりも楽しく仕事をすることができます

仕事が楽しくなれば、人生も豊かで充実したものになるので、必ず実践してください。

 

では、今一度おさらいをしておきましょう。

 

嫌いな上司への4つの対処法
①嫌いな上司の上司に相談する
②同じ部署のメンバーと良好な関係を築く
③仕事で圧倒的な結果を出す
④部署異動の希望を出す

働きやすい環境を手にする方法
転職するのが一番良い。
転職相談なら、大手の転職エージェントが望ましい。

いくら上司が嫌いだとしても、上司を変えることはかなり難易度が高いです。

それよりも、自分自身を変化させる方が早いですし、実力もつくのでおすすめです。

ぜひこの記事でのアドバイスを参考に、楽しく働ける環境を手に入れてください!

コメント