【体験談】dodaの転職面談の流れと内容は?5段階で細かく評価してみた。

dodaの体験談 転職サービス
jobchange-doda-review
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・dodaの転職面談の流れと内容は?

・面談や担当者の質はどうなの?

・他のエージェントとの違いは?

 

こんな悩みを抱えた人たちの悩みを解決できる記事になっています。

この記事を読めば、dodaの転職面談の流れが理解でき、安心して面談に臨めるようになります

なぜなら、私が実際にdodaの転職面談を経験したリアルな内容を、ここで紹介しているからです。

ここでは、dodaの転職面談の中身や感想を載せていますので、じっくり読んでください。

 

dodaの転職面談までの流れは?

まずは、dodaの転職面談までの流れがどうだったのかを解説します。

あくまで私の経験談なので、一例として知っておいてもらえたらと思います。

 

dodaに会員登録する

まずは、dodaに会員登録をするところからスタート。

5分ほどで簡単に登録できるので、サクッと登録しましょう。

 

いますぐ登録したい方はこちら⬇︎

 

即日電話がきて電話面談予約をする

dodaの会員登録が終わると、その日のうちに電話がかかってきます。

私の場合は日曜だったので、月曜日の朝8時くらいに速攻で電話がきました。

 

ううう、電話取れなかった。。

 

私もそうですが、dodaからの電話を取れないケースもあるかと思います。

その場合はすぐに折り返せば、担当者につながりましたのでご安心ください。

 

担当者とは、挨拶と電話面談のスケジュール調整の話をしました。

30分ほどの面談となると言われましたので、あらかじめスケジュール帳を用意しておくと良いです。

 

電話面談をする

電話面談の当日を迎えるまでに、以下3つの作業をしておくようにしましょう。

 

・登録している基本情報の更新
・職務経歴書の提出
・自分の転職の希望条件を整理

 

そして当日、担当者の方と電話で転職に関していろいろ話します。

どんな内容だったのかは、詳しく以下の記事でまとめていますので、読んでください。

 

【体験談】dodaに登録して電話面談してみた

 

放置期間→メール連絡→転職面談

これは私の場合なんですが、転職活動をいったん休止することになりました。

なので、2018年11月から2019年4月まで放置期間が5ヶ月くらいありました。

 

すると、以前の電話面談の担当とは別の方から、メールで「転職面談の連絡」を受信。

ちょうど転職活動を本格化させようと考えていたので、面談希望を返信しました。

そこで面談日程を調整して、いざ面談となりました!

 

doda転職面談の内容や評価は?

 

dodaの転職面談って実際どうなの?

 

ここでは、実際に私がdodaの転職面談を受けてみた評価と感想をお伝えしようと思います。

 

担当者    ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

面談の質   ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

求人数    ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

スケジュール ⭐️⭐️⭐️☆☆

総合評価   ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

担当者のレベル

私の担当として面談してくれた方は、20代後半くらいの女性の方でした。

ハキハキしていて仕事ができそうな、キャリアウーマンという印象で当たりの予感。

いかにも営業マン!という印象で、終始明るく、ヒアリングに時間をかけてくれました。

 

この担当者の女性は、求人紹介より過去のキャリアや今後の方向性のすり合わせを中心にやってくれました。

リクルートエージェントの担当者と比べても、断然dodaの方が担当者の良質だったというのが正直な感想です。

 

5段階評価でいうと4点はあると思いますが、最後1点はプラスαのものがなかったのが原因です。

業界の知識や情報、転職市場の動向などは詳しく把握されてなかったのが感じられました。

とはいえ、全体的に満足のいく担当者の質と対応でした。

 

面談の質

面談の質は、5段階中4点に迫るほど素晴らしいレベルだったと思います。

面談時間は全部で90分だったのですが、80分をヒアリング時間に使ってもらいました。

過去の経歴や業務内容、転職理由、学んだこと、そして今後の転職の軸など、かなり深かったです。

 

そんな深く聞かれても話せることない。。

 

そう、その通りなのです。

ですから、dodaで転職面談する際は、過去のキャリアの棚卸しと未来の軸を固めておくべきです

 

面談の流れは、古いキャリアから順番に質問される形でしたが、おそらくマニュアル通りでしょう。

所々、担当者が気になる部分を深掘りしてくれたので、そこはアドリブだった模様です。

場合によっては、60分でヒアリングを終え、残り30分で求人紹介してくれることもあるそう。

 

私自身が意識していなかった考えを引き出してくれたり、強みを伝えてくれたり満足でした。

コーチング能力も高かったので、気持ちよく自分の過去を話せたかなと思います。

 

求人数

紹介してくれる求人数は、文句なしの5点満点でしょう。

リクルートエージェントが最大手で求人数もNo.1と言われますが、おそらくdodaも同じくらいです。

 

求人の質はどうなの??

 

質については、リクルートエージェントと同等でした。

当日の面談後、求人紹介のシートを数十枚もらったのですが、特段不足はなかったです。

業界2位の会社ですから、何かに特化しているわけでもなく、質が悪いこともないです。

 

全体的なスケジュール

最後にスケジュール感の評価ですが、5段階評価中3点という評価をつけました。

特に悪いわけではないのですが、面談後のスケジュールがちょっと曖昧だった印象です。

 

えっ気になる。。どういうこと?

 

面談は80分間ヒアリング、残り10分で質疑応答といった流れでした。

面談日は金曜日だったのですが、最後に「月曜に確認のお電話して良いですか?」と次アポ。

 

月曜日に電話がかかってきて、このようなやりとりをしました。

 

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

もーりーさん、転職活動は今後されますか?

もーりー
もーりー

はい、やろうと思っています!

 

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

そうなんですね!気になる求人とかありましたか?

もーりー
もーりー

やっぱり人材業界に興味あります。A社とかB社とか。

キャリアアドバイザー
キャリアアドバイザー

なるほど!そうしたらマイページから応募してくださいね!

 

もう少しスケジュール感まで伝えてもらえればなあ、、と感じました。

最低限のことは伝えてくれたのですが、今後の進め方まで教えてもらえれると嬉しかったです。

 

以上が、dodaでの転職面談の評価となります。

全体としては、総合評価5点満点中4点とかなり高得点だと感じました。

担当者や面談の質から求人数まで、不満な点はほとんどなかったです。

 

これから転職したいと考えている方は、まずはdodaを使ってみることをおすすめします。

 

いますぐ登録したい方はこちら⬇︎

まとめ

上記の体験談をもとに、dodaの転職面談をされると、より内容の濃い面談ができます。

必ず「過去のキャリアの棚卸し」と「転職の軸」を事前に準備してから、臨むようにしましょう。

 

では、最後にもう一度dodaの評価をおさらいしておきましょう!

 

担当者    ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

面談の質   ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

求人数    ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

スケジュール ⭐️⭐️⭐️☆☆

総合評価   ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

私の場合は、リクルートエージェントとdodaで転職面談をしました。

今後はビズリーチも使ってみようと思うのですが、複数のエージェントを使うのは絶対です。

きちんと比較検討したうえで、自分に合ったエージェント選びをすると良いでしょう。

 

まずは、お試しでdodaで面談をしてみることを私はおすすめしたいと思います。

 

いますぐ登録したい方はこちら⬇︎

コメント

  1. […] 【体験談】dodaの転職面談の流れと内容を5段階評価してみた。 […]

  2. […] 【体験談】dodaの転職面談の流れと内容は?5段階評価してみた。 […]