30代で大企業からベンチャーに転職は可能?3つの成功条件はこちら。

30代でのベンチャー転職 転職ノウハウ
jobchange-venture-thirty
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、外資系ベンチャー勤務のもーりーです!

30歳超えてベンチャー転職は成功できる?

大企業出身者が気を付けることはなに?

ベンチャー成功の秘訣を教えてほしい!

 

30歳を超えて、ベンチャー企業に転職を考えている人に向けた記事です。

この記事を読めば、ベンチャーへの転職成功のヒントを得ることができます

なぜなら、私自身30歳を超えて大企業からベンチャーに転職し成功しているからです。

大企業からベンチャーに挑戦したいと思う30代、ぜひ読んでみてくださいね。

 

30歳を超えてベンチャー挑戦は可能か

30代でのベンチャー転職

新卒入社以来、ずっと同じ会社で働いてきた人にとって、転職は高いハードル。

さらに自分が30代となれば、ベンチャーへの転職を躊躇してしまうのも当然ですよね。

 

まず私の経験上、ベンチャー転職が30代でも成功可能かどうか。

結論を言えば「間違いなくYES、むしろ30代の方が成功しやすい」と言えます。

 

え、なんで?20代の方が若くてよくない?

 

これはよく勘違いされるのですが、ベンチャーは20代より30代の方が絶対良いです。

その最大の理由は社会人経験で、日々の難しい業務をやり遂げるには経験が必要。

20代で培った経験を生かせれば、30代でのベンチャー転職は超有利なのです。

 

30代ベンチャー転職成功の3つの条件

ベンチャー成功の条件

ただし、30代でベンチャーに転職して成功するためにはいくつか条件があります。

その条件は何なのか、以下でご紹介していきたいと思います。

 

30代ベンチャー転職の3つの成功条件
 ①マルチタスクができること
 ②20代のメンタリティを持つこと
 ③明確な目的意識を持つこと

 

マルチタスクができること

ベンチャー企業で活躍するうえでとても大切なことは「マルチタスク」です。

大企業と違い、いつどんな仕事が舞い込んでくるかわからないのがベンチャー。

自分の専門ではない領域でも、率先して行動できることが必要条件になります。

 

例えばあなたが営業マンとして入社・配属されたとしましょう。

クライアントへ支払遅延が起こったら、先方への謝罪だけでなく支払業務もやる。

業務拡大すれば、採用業務として書類選考や面接官もやることになります。

このように、毎日新しい仕事に対処することができるスキルが必要になります。

 

20代のメンタリティを持っていること

30代になっても、ノリや感覚が20代であることはベンチャーではとても大切。

なぜなら、ベンチャーは20代主体で経営している企業がほとんどだからです。

 

具体的に何を意識すべきなの?

 

この疑問に対する答えとしては、スピード感流行感覚です。

 

スピード感については、大企業では体験できないほど高速に仕事が進みます。

理由は承認プロセスが短いからであり、物事の決定・実行の時間はかなり短いです。

そのスピードについていく、若々しい精神力が必要になります。

 

流行感覚については、世の中の新しい情報を取り入れる努力をすることです。

AI・IOTなど、特にIT分野の動きには敏感になっておくべきだと言えます。

TVニュースはもちろん、youtubeやSNSなどから情報を仕入れると良いでしょう。

 

このように、20代のメンタリティと同じ状態を常に保つこと。

そうすれば、ベンチャーでもバリバリ活躍することは可能でしょう。

 

明確な目的意識を持つこと

個人的に最も大切だと思っているのが、ベンチャーに入って頑張る目的意識です。

不安定な組織に身を置くと精神的にも不安定になりやすいのですが、それを支える強力な武器こそが目的意識なのです。

 

なぜ大企業を辞めてベンチャーに行くのか。
その会社に転職したいと思う理由は何なのか。
転職先で達成したいこと、その先のビジョンとは。

 

これらのことを必ず明確にしたうえで、転職するようにしましょう。

でなければ、大企業の方が良かったなどの後悔が生まれてしまう恐れがあります。

ベンチャー転職は心の準備がとても大切になるので、中途半端な気持ちでの転職は避けるようにしましょう。

 

大企業出身者の3つの注意点

仕事が辛い

ベンチャーに転職する人の中でも、大企業出身の人は数多くいると思います。

私の経験上、大企業出身者が注意しておいた方が良いことを3つあるのでご紹介します。

 

大企業出身者の3つの注意点
 ①看板を捨てること
 ②無駄なプライドを捨てること
③ワークライフバランスを捨てること

 

看板を捨て去ること

自分が所属してきた会社のネームバリューを捨て去っておきましょう。

いくら営業成績が良くても、会社の看板が間違いなく大きな影響を与えています。

過剰な自信を持っちゃうと、看板のないベンチャーで挫折してしまう恐れがあります。

 

大企業は自分ではなく看板の力が強く、自分自身の力ではない。

この事実を受け止め、ベンチャーで自分の真の実力を試すくらいの感覚でいましょう。

 

無駄なプライドを捨てること

日本中で名の知れた有名企業で働いていた、といった無駄なプライドを捨てましょう。

 

三井・三菱・住友・SONY・TOYOTA・楽天・リクルートなどなどなど。。。。

超人気企業に就職できた人は凄いですが、知らない間にプライドも高くなりがち。

そのプライドはベンチャーでは不要、実力主義の世界に持ち込まないことが肝要です。

 

プライド捨てる方法はある??

 

私自身の経験則で答えるなら、とにかく多くの失敗をすることが一番です。

意識的にプライドを捨てることは難しいので、転職先でまず泥にまみれることです。

私ももともとプライドが高かったので最初は苦労しましたが、失敗を重ねることで謙虚になっていきました。

 

有名企業に所属していた自分は、過去の産物として頭から消し去ること。

これを心に留めておくことが、大企業出身者にはより大切になるのです。

 

ワークライフバランスを捨てること

決してブラック許容しているわけではないですが、仕事と私生活を分けないことです。

なぜなら、いつどんなタイミングで仕事が入るか不明かつ即時対応が必要だからです。

 

大企業なら翌日・翌週で対応OKなことも、ベンチャーではチャンスを逃す可能性あり。

だからこそ、定時出社定時退社のようにONとOFFを作るのはやめた方がよいです。

 

ワークライフバランスはどうなるの?

 

結論言えば、ワークライフバランスを重視したいなら大企業にいるべきです。

ノー残業デーや有給取得奨励など、福利厚生が充実しているのも大企業ですから。

 

しかしながら、そんな大企業を辞めてベンチャーで働くことのメリットは想像以上。

ビジネス戦闘力は高くなるし、収入大幅アップも見込めるし、市場価値も高まる。

なので、30代の働き盛りの時期をベンチャーで過ごすことをおすすめしたいのです。

 

まとめ

以上、30代で大企業からベンチャーに転職する時のポイントをまとめました。

ベンチャーへ挑戦する前にしっかり読んで、心の準備をしておきましょう。

 

30代ベンチャー転職の3つの成功条件
 ①マルチタスクができること
 ②20代のメンタリティを持つこと
 ③明確な目的意識を持つこと大企業出身者の3つの注意点
 ①看板を捨てること
 ②無駄なプライドを捨てること
③ワークライフバランスを捨てること

 

経験者として、ベンチャーへ転職して心底良かったと思っています。

大企業では体験できない面白い仕事ばかりなので、迷わず転職するべきというのが私の結論です。

 

最後に、私が転職時に使用した転職エージェントの記事も紹介しておきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【体験談】dodaの転職面談の流れと内容5と段階評価

コメント