【元人事】大企業の就活面接の攻略法を3つ厳選して伝授します。

大企業の就活面談 就活ノウハウ
jobsearch-bigcompany-negosiation
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在は外資ベンチャー営業マンのもーりーです。

大企業の面接で成功するためのポイントは?
各面接ステップでは何を意識すべき?
今すぐにできる面接対策ってある?

 

こんな悩みを抱える就活生に向けて、解決策を書いております。

この記事を読めば、大事な就活面接を乗り越え内定獲得できるようになります

実際に私自身、あがり症にも関わらず大手4社から内定獲得した実績があります。

面接苦手!だけど大手に就職したい!という方は必見なので、ぜひ読んでみてください。

 

大企業の就活面接3つの攻略法

大企業に入りたいけど、面接が不安すぎる。。

 

高校受験でも大学受験でも経験がなかった面接、初めてなので不安ですよね。

しかも一発勝負なので、失敗できないプレッシャーも大きいと思います。

 

そんな人のために、大手企業の就活面接対策を3つご紹介します。

実際、私自身大企業で採用担当もやっていたので、わりと正確だと思います。

 

基本すべてYESで即答する

大企業の面接では、基本どんな質問にもYESで即答するよう心がけましょう。

なぜなら、結論を先に言いかつ歯切れの良い人材は大企業で非常に好まれるからです。

 

例えば、こんな感じです。

YESと回答すべきポイント
希望の職種に配属じゃなくてもいい?▶︎YES

 全国に転勤あるけど大丈夫?▶︎YES
 海外駐在することもあるけど平気?▶︎YES
 お酒が好きな会社だけど大丈夫?▶︎YES

 

大企業は、個人ではなくチームで仕事をすることがほとんどです。

10人中9人が右を向いている中、1人だけ左を向く人間は求められていないのです。

 

え。。自己主張したいよ。。

 

気持ちは理解できるのですが、自己主張は入社してから存分にしたら良いです。

就活のゴールはあくまで内定獲得ですから、相手の印象第一で行動すべきと心得ましょう。

 

元気と笑顔を絶やさないこと

面接全般で大切なことですが、大企業では特に元気と笑顔が重要ポイントです。

極端な話、面接の受け答えが下手でもこの2つあれば内定取れる可能性はあります。

 

なぜ元気と笑顔が大切かというと、万人ウケする能力は重宝されるからです。

大企業は全国各地、全世界に転勤となる可能性があるので、適応能力を見られます。

人事部からすれば、配属の幅が広い人材の方が嬉しいので、万人ウケする人材を欲しい。

 

笑顔が苦手な人はどうすれば良い??

 

こんな人はぜひ、鏡の前で笑う練習をしましょう!

笑顔が引きつる人でも、練習すれば大幅に改善できるのでやってみてください。

 

体育会系の雰囲気を出す

大企業は体育会系が大好きなので、できる限り雰囲気作りをして臨みましょう。

なぜ体育会系が好まれるかというと、大企業は年功序列型の縦社会だからです。

 

一生懸命頑張ります!

 

こんなイメージです笑。

メンタル強そうで、縦社会でも生きていけそうな雰囲気を作り出すことです。

そういうのが苦手な人は、声を大きく発声することを意識するだけでも効果大ですよ。

 

各選考ステップで意識すべきポイント

大企業の就活面接の攻略ポイントを3つ書いてきました。

この3つは初級編なのですが、中級編として各選考ステップで意識すべきこともお伝えしておきます。

 

選考ステップで意識すべきポイント
1次面接:円滑なコミュニケーション
2次面接:組織貢献できる人材アピール
最終面接:入社意欲の強さを告白

 

1次面接

一番最初の面接は、面接官との円滑なコミュニケーションを意識しましょう。

なぜなら、1次面接は20代の若手社員が登場するケースが多いので、一緒に働きたいと思わせることが大事だからです。

 

自分の強みや志望動機などを熱く語るのも良いのですが、リラックスして会話を楽しむ方が良いです。

ぶっちゃけ、気に入ってもらえれば選考は通過できます

 

2次面接

2次面接では、組織貢献できる人材であることをアピールしましょう。

2次選考では人事課長や係長クラスの「チームリーダー」が登場し、あなたが組織で活躍できるかを見てきます。

 

ここでは、部活やバイトなどで組織貢献してきた経験を話すと効果的です。

その経験のインパクトが強いほど、面接官は興味深く聞いてくれるでしょう。

 

最終面接

最終面接では、入社したいという強い意思を相手に告白することが大切です。

恋愛の告白と同じで、「付き合ってください!」と伝えるイメージでOKです。

 

最終面接では、人事権を持つ人事部長や役員クラスのお偉いさんが登場します。

彼らは採用人数を確保するという数字のミッションがあるので、入社意思を重視します。

 

内定頂ければ必ず入社します!

 

必ず入社意思の確認の質問をされるので、その回答が勝負です。

勢いよく上記のように答えれれば、通過率は大幅にアップすること間違いないです。

 

今すぐできる大企業就活面接対策

大企業の就活面接対策を色々書いてきましたが、今すぐできる対策は何でしょう。

今日から始められる、効果的なことを4つほどご紹介しておこうと思います。

 

大企業リストアップ&エントリー

まずは大企業をたくさんリストアップして片っ端からエントリーしましょう。

直接的な対策ではないですが、このステップは意外と重要なので意識してください。

 

業界絞ってる人もやるの?

 

結論を言えば、業界を最初から絞らず大量エントリーしてください。

エントリー数が多ければ面接回数も増え、どんどん面接が上手くなります。

興味のない企業は通過後にお断りすれば終わるので、まずは数の確保を忘れず!

 

OBOG訪問をする

色んな業界の社会人に会って、リアルな情報をできる限りたくさん集めましょう。

なぜなら、業界によってカラーが異なり面接のアピール内容も変わるからです。

またOBOG訪問をすれば、面接時に訪問した際の内容や感想も話のネタで使えます。

 

OBOGの知り合い少ないんです。。

 

そんな人のために、OBOG訪問の方法をまとめた記事をご紹介します。

知り合いがいない人でも全く問題ないので、ぜひ読んでみてください。

 

就活のOBOG訪問5つのステップと注意点をまとめてみた!

 

笑顔の練習をする

先ほどもご紹介しましたが、鏡の前に立って笑顔を作る練習をしましょう。

笑顔が苦手だという人でも、練習すれば上手くなるので気にすることはないです。

 

笑顔作りの練習は、絶対にやることをおすすめします。

 

笑顔は素敵であればあるほど、プラスの効果が大きくなるものです。

自分で自分の笑顔をチェックして、魅力的な笑顔を作れるよう練習しましょう!

 

一人模擬面接を行う

スマホで動画を撮影して、一人模擬面接を行うのは有効なのでおすすめです。

面接官の方向から動画を撮り、自分の面接がどう映っているのかを確認しましょう。

 

やってみると分かりますが、意外な改善ポイントに気づくことが出来ます。

 

模擬面接での気づきポイント例
・「えーっと」が多い
・緊張から早口になり聞き取りづらい
・ソワソワ動いて落ち着きない
・結論から伝えていない
・うなずきが早すぎる
・身振り手振りが大きすぎる
この他にも色々な修正ポイントに気づけるので、何度も繰り返して完成度あげましょう。

 

まとめ

大企業の就活面接をクリアするための攻略法をここまでご紹介してきました。

たくさんある中で、最も大切なポイントのみ取り上げたので頭に叩き込んでください。

これを理解し実践すれば、大企業の就活面接を攻略して内定獲得できるようになります

 

今一度、内容をまとめておさらいしておきましょう。

 

大企業の就活面接3つの攻略法
①基本すべてYESで即答
②笑顔と元気を絶やさない
③体育会系の雰囲気作り今すぐできる就活面接対策
①大企業のリストアップ&エントリー
②OBOG訪問
③笑顔作りの練習
④一人模擬面接

 

一人で出来るか不安。。。

 

初めての就活ですから、こう思う人も結構多いと思います。

そんな人は、無料で使える就活エージェントを頼るといいです。

自己分析、ES作成から面接対策まで全てやってくれるのでおすすめです。

 

興味がある方は、私が厳選したエージェントを紹介している記事を読んでくださいね。

 

【21卒】大企業志望者必須の就活エージェント3選はこちら

 

コメント