就活が嫌だ!を完全解決するための具体的な方法9パターンはこちら

就活が嫌だを解決する方法 就活ノウハウ
jobsearching-bad-banner
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・就活上手くいかない。。どうしたらいい?

・就活するか迷う。。どうしたらいい?

・就活したくない。。どうしよう。。

・早期で内定獲得できる方法ってないの?

 

こんな思いを抱いている方の悩みを解決できる記事となっています。

この記事で解説する『就活が嫌だと思う人に向けた悩み解決方法』を実践すれば、就活をスムーズに進めることができます。

なぜなら、私自身も就活が嫌だったものの、3ヶ月で大手4社から内定を獲得できたからです。

以下では、就活嫌いで悩める学生が一歩踏み出せる方法を解説していますので、じっくり読み込んでください。

 

就活が嫌だ!の正体は?

 

ううう、就活マジで嫌だ。。

 

就活って、初めてのことばかりだし、大きなライフイベントだから悩みも深いですよね。

誰しもが辛くなるものですし、就活が嫌になってしまう気持ちは十分に分かります。

 

ところで、そもそも就活が嫌だとあなたが感じるのはなぜでしょうか。

悩みの正体は大きく分けて3つに分けられますので、自分がどれに該当するかまずご確認ください。

 

就活が嫌な項目

 

以下で、3つのカテゴリーに分けて対策を解説していこうと思います。

 

就活が上手くいかない

就活が嫌な項目1

 

実際に就活を頑張っているけど、なかなか上手く進まないという悩みですね。

このゾーンで悩んでいる学生の具体的な悩みは、上記3つに分かれます。

 

就活相談の相手がいない

就活で不安に襲われてしまうことが多いけど、相談相手がいないと困ってしまいますよね。

そんな時は、就活のことをよく理解している人や先輩に相談するのが一番効果的です。

 

でも、どうやって相談相手を探せばいいの?

 

こんな疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんな人には、就活サービスのビズリーチ・キャンパスが一番おすすめです。

 

ビズリーチ

 

ビズリーチ・キャンパスは、自分の大学のOBOGを検索して、興味ある人に会えるマッチングサービスです。

同じ大学なので、似たような価値観を持っている人が多く、より親身に相談に乗ってくれます。

 

詳しいサービス内容は、以下の記事で書いていますので読んでください。

 

ビズリーチキャンパスのサービス内容と評判まとめ

 

選考がなかなか通過しない

就活頑張ってはいるものの、ESや面接がなかなか通過しなくて困っているケース。

この場合、やり方が間違っている可能性が高いので、就活のプロにアドバイスを受けるのが一番良いです。

 

就活のプロってどこにいるの?

 

就活のプロからアドバイスを受けるなら、キャリアチケットがおすすめです。

 

就活のエージェント

キャリアチケットは、自己分析やESから面接対策まで、専属の担当がアドバイスしてくれる無料就活支援サービスです。

選考が通過しない原因をしっかりと突き止め、解決してくれるので非常におすすめです。

 

詳しいサービス内容や評判は、以下の記事でしっかりまとめていますので読んでください。

 

キャリアチケットのサービス内容と評判を徹底調査

 

就活が面倒くさい

そもそも、就活の活動自体がやりたくない!っていう人もいるでしょう。

内定も獲得したいし、自分に合った会社にも就職したいけど、就活が嫌だというケースですね。

この場合は、企業側からスカウトしてもらうのが一番の解決策になります。

 

えっ、企業からのスカウトどうやって受け取るの?

 

企業側からスカウトを受けるなら、キミスカがおすすめです。

 

キミスカのバナー

 

キミスカは、企業から直接スカウトメールが届くスカウト型の就活サービスです。

公式サイトにして経歴を登録しておけば、企業側が適性を詳しくみて、興味持った企業からメールが届きます。

就活が嫌で休憩していても、適性の合った企業からスカウトが届くので就活を進めることができます。

 

詳しいサービス内容は、以下の記事で書いていますのでぜひ読んでみてくださいね。

 

キミスカのサービス内容やメリットデメリットや評判まとめ

 

就活すべきか迷う

就活が嫌だ項目2

 

就活以外にもやりたいことがあり、本当に今就活すべきなのか迷う。

このパターンの人については、具体的に上記3つの悩みに分かれます。

 

海外留学に行きたい

 

海外留学行きたい。就活やめていこうか迷う。。

 

就活をやっているけど、海外留学行ってみたい気持ちもあって迷っているケース。

結論をいえば、海外留学で就活をやめることは賛成、ただし留学目的は明確にすることです。

 

海外留学の経験は、就活の選考には有利になるので行った方が良いのは確実です。

英語力も身につきますし、TOEICの点数も伸びて実績作れるので、個人的にはおすすめです。

 

ただし、海外留学経験者や帰国子女の学生は年々増加しているので、留学目的は明確にしましょう。

それさえできれば、1年後の就活で有利に選考を進めることができるでしょう。

 

大学院に進学したい

 

大学院に進学してもう少し研究したいな。。。

 

大学院進学の場合ですが、個人的には文系なら反対、理系なら賛成です。

なぜなら、大学院は文系理系で就活への影響が大きく異なるからです。

 

文系大学院に進学の場合

文系の大学院生は、一般企業での就活で有利に働くことはあまりありません。

なぜなら、研究内容が仕事につながりにくいので、大学院の進学が評価対象にならないからです。

したがって、文系の就活生は、よっぽど研究意欲が高くない限りは学部卒で就職した方が良いです。

 

理系大学院に進学の場合

文系と異なって、理系の大学院生は市場からのニーズが高いのでおすすめです。

なぜなら、研究開発職は理系の大学院卒がほとんどですし、最悪文系就職も可能だからです

もし研究意欲がなかったとしても、研究開発職に興味があったり、職の選択肢を増やしたい方も良いと思います。

 

夢を追いかけたい

 

自分の夢を諦められない。就活やめて挑戦すべきか?

 

プロスポーツ選手、俳優、モデル、カメラマン、お笑い芸人などなど。

就職せずに全く違う道へ進む選択となりますが、結論をいえば大賛成です。

 

なぜなら、もし夢を叶えられずに終えたとしても、20代なら就職は十分可能だからです。

元人事目線で見ても、何かに挑戦した経験のある人材価値は高いので、採用されやすいです。

本気で夢を目指すなら、20代という期限を決めて決断すると良いでしょう。

 

就活したくない

就活が嫌な項目3

そもそも、就活自体をやりたくないというケースです。

このパターンの人は、具体的に上記3つの悩みに分けられます。

 

会社員になりたくない

 

ああ、なんか会社員になりたくないな。。

 

ただ漠然と、会社員になりたくないと思っていたり、雇われの身になりたくないパターン。

こんな人は、起業という選択肢もあるので検討してみると良いのではないでしょうか。

 

起業と聞くとハードルが高そうに思いますが、今の時代、パソコン1台あれば可能です。

上記の夢を追いかけるケースと同じく、もし失敗しても20代なら就職は十分できるので安心です。

また、私の経験上、起業してお金を自分で稼ぐ経験はサラリーマンにもかなり活きます。

 

起業の方法が分からない人は、ぜひ自分でググって検索して調査してみてくださいね。

 

縛られた生活が嫌だ

 

就職したいけど、自由がなくなるのが嫌だ。。

 

時間、お金、休日などの労働条件において、会社が決めたルールに縛られたくないパターン。

こんな人におすすめなのが、ベンチャーもしくはメガベンチャーの営業マンです。

その理由について、それぞれ以下で解説します。

 

ベンチャーの営業マン

ベンチャーのメリットとして、新人から自由な働き方と裁量を与えてくれることです。

もちろんスキルや成績は問われますが、自分主体でドンドン仕事をやっていけます。

さらに営業マンなら、外回り営業が主軸なので時間を自由に使えるので、自由人にぴったりです。

 

メガベンチャーの営業マン

ベンチャーのリスクを負いたくない人は、メガベンチャーが良いでしょう。

20代前半から自由に仕事をやらせてもらえる一方、研修制度も充実しているのでバランス◎。

私が今就活生なら、メガベンチャーの営業マンを志望すると思います

 

ただし、メガベンチャーは近年人気沸騰中なので、就活の倍率もかなり高いです。

就活対策をしっかりしないと選考通過できないと思いますので、準備を怠らないようにしましょう。

 

まだ卒業したくない

 

んんん。。まだ社会人になりたくない。。

 

最後は、そもそも社会人になりたくないから就職留年したいというパターン。

結論としては、99%就職留年することは反対です。

 

なぜなら、留年の理由が不明なので、1年後の就活でも全く同じ現象が起こってしまうからです。

また、1年後の就活時に必ず留年理由を聞かれるので、その答えに確実に苦しみます。

 

ただし、何か事情があって卒業しないという明確な理由があれば問題ないです。

具体的な理由なら良いかはケースバイケースですが、原則としては就職留年はやめた方がいいです。

 

まとめ

上記で紹介した『就活が嫌だ!を解決する方法』を実践いただくと、悩みを解決することができ、一歩前に進むことができます。

では最後に、もう一度おさらいのために確認しましょう。

 

1.就活が上手くいかない

就活相談の相手がいない → ビズリーチ・キャンパスを活用する
選考がなかなか通過しない → キャリアチケットを活用する
就活が面倒くさい → キミスカを活用する

 

2.就活すべきか迷う

海外留学に行きたい → 賛成。ただし目的は明確に
大学院に進学したい → 文系なら反対、理系なら賛成
夢を追いかけたい → 賛成。失敗したら20代までに就職を

 

3.就活したくない

会社員になりたくない → 起業の道も選択肢に入れよう
縛られた生活が嫌だ → ベンチャーかメガベンチャーの営業マンがおすすめ
まだ卒業したくない → 99%反対。やむを得ない事情あれば別

 

就活は、慣れないことが多いので最初はめちゃくちゃ苦労することが多いです。

しかし慣れてしまうと、徐々に楽しくなって前向きになれるので、少しの継続力が必要なのです。

 

一部ご紹介しましたが、就活を成功させるためのサービスが最近人気沸騰中です。

これから就活を頑張っていこうと思われている人は、ぜひ以下の記事も読んでおいてください。

 

2020年卒向け就活サービスの徹底比較!おすすめ5選まとめ

コメント