就活がつらい人必見!知らないと損する4つの原因と対策はこちら。

就活つらい 就活ノウハウ
jobsearching-painful-solution
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・選考に落ちすぎて精神的につらい

・やりたいことなくて会社選びができない

・就活がつらい人の対処法を教えて欲しい

 

こんなことに悩んでいる就活生に向けた記事となっています。

この記事を読めば『就活でつらいと感じる原因が分かり、解決法がわかる』ことができます。

その理由は、私自身が以下で紹介する方法で「つらい就活」を「楽しい就活」に変えることができたからです。

ここでは、今後の就活を楽しくできる方法をご紹介していますので、ぜひじっくり読んでください。

 

就活がつらいのはなぜ?

就活、なぜかつらいんです。。

 

就活って、就職先が決まるまで不安で仕方ないですよね。

それもそのはずで、不安になる理由は「解決策が見えないから」なんです。

 

就活は受験ではなくスポーツと似ているものだと思っています。

受験では必ず答えがあるので、分からなくても答え合わせができる。

でもスポーツは、勝つためにどうしたら良いか答えはなく、解決策を自分で作るしかない。

 

就活のつらいを解消するための答えも、結局自分で考えて作るしかないのです。

就活生が苦しむ理由は、単に解決策を自ら作れていないからなのです。

 

就活がつらい4つの原因と対策

就活がつらい原因も解決策もわからん。。

 

とはいえ、原因も対策もわからないっていう人が大半ではないでしょうか。

そこで、よくある4つの原因と対策を以下でまとめていますので、読んでみてください。

 

1.選考に落ち続ける

2.周りを内定を取り始めて焦る

3.社会人になれるか不安

4.やりたい仕事がなく会社選びができない

 

選考に落ち続ける

ESや面接の選考で落ち続けると、就活もつらいと思ってしまいますよね。

自分は本当に内定を獲得できるのか、就職できるのか、不安になっちゃいます。

こんな悩みを抱えている人は、以下の視点でチェックして対策を立てましょう。

 

本当に自分だけなのか疑う

よっぽどの達人でない限り、就活での選考は落ちるの確率のほうが高いです。

私の前職なんか、5000人中内定は100人程度でしたから、内定率わずか2%でしたから。

だから、あなたを含めたその他大勢の就活生が選考で落ちている事実を理解しましょう。

 

もし頭で理解してもつらい気持ちが収まらなければ、就活をしている友達に聞いてみましょう

就活の選考で順風満帆に進んでいる人は、ごくごく少数であることが分かるはずです。

 

企業との相性がある

あなた自身に問題があるのではなく、企業との相性が悪く落ちている可能性は大きいです。

面接官との相性、企業の社風、ノリ、求める人物像など、合わなければ結構あっさり落ちます。

 

でも、面接のデキはよかったんだけど。。

 

悔しい気持ちは分かりますが、デキに関係なく本当に相性によって落ちちゃうことあるんです。

なぜなら、あなたの能力だけでなく会社に入って伸び伸び活躍できるかも見ているからです。

 

実際、私も大手4社から内定を獲得しましたが、五大商社やインフラ企業全落ちしました。

面接のデキはすべて上々だったので謎だったのですが、採用担当になって相性の問題だったんだと気づきました。

なので、面接のデキが良くても落ちちゃった場合は、相性の問題と割り切って大丈夫です。

 

第一印象で損をしている

意外と盲点なんですが、面接のデキが良いのに落ち続ける人は第一印象でミスしている可能性があります。

 

第一印象って、具体的になに?

 

第一印象で損しているパターンは、具体的に以下のケースが多いです。

 

・部屋に入る時の挨拶に元気がない、無表情、声が小さい、背筋が曲がっている。
・ボサボサの髪型で全体的に爽やかさに欠ける。
・スーツがダボダボでだらしない印象を与える。
・Yシャツがヨレヨレで清潔感に欠ける。

 

この4つのポイントを見て、自分にも当てはまる項目はありませんか。

もし思い当たる節があれば、努力すれば改善できるのでぜひ対策してみましょう。

 

なぜ面接の落選原因として、中身ではなく第一印象を挙げているのか。

その理由は、こちらのグラフを見ればわかります。

 

見た目の印象

 

このデータは、人事採用担当に取ったアンケート結果です。

見てのとおり、92%が「第一印象は重要と考えている」と答えています

これは就活でも転職でも同じというデータも出ているので、好印象を与える努力は必須ですね。

 

具体的な第一印象の対策については、以下の記事でまとめていますので読んでください。

 

就活は見た目で決まる?好印象を与える8つの対策

 

自己分析が甘い

面接でのデキがそもそも悪く、落ちるべくして落ちているケースがこれです。

ESも面接も全て「自己分析の質」でデキは決まるので、最も時間を割いて磨くべき部分です。

 

でも、自己分析どうやって質高めるの?

 

こんな疑問を持っている人も多いと思うので、以下の記事を読んでみてください。

きっと今よりも素晴らしい自己分析ができるようになりますよ。

 

就活で内定大量獲得のための自己分析3ステップ

 

周りが内定を取り始めて焦る

周囲の友達が内定を取っているのに、自分だけ置いて行かれていると感じてつらいケース。

自分の調子が悪いときほど、隣の芝が青く見えちゃうんですよね。

こんな人は、まず就活スケジュールをきちんと見て判断しましょう。

 

就活で何もしてない

 

2020年卒の就活生なら、2019年3月あたりから内定者が出始めます。

ベンチャー・メガベンチャー・中小は早い時期に内定が出るのですが、大企業は6月以降。

もしかすると、周りは大企業以外の内定を取っているだけかもしれませんよ

 

とはいえ、やっぱ内定は羨ましい。。

 

気持ちは分かりますが、結局就職する会社は1人1社しか選べないのです。

たくさん駒を持っていても、1社以外は全部断らないといけないので、内定数は関係ないです。

自分が納得できる会社を1社内定取れるように、他人と比較せず努力するのみという精神を大切にしましょう。

 

社会人になれるか不安

 

そもそも、社会で生きていけない気が。。

 

働いた経験がなければ、自分もちゃんとやっていけるか不安になるのは当然です。

しかしながら結論をいえば、会社に入ってしまえば慣れるので大丈夫です。

 

例えるなら、中学や高校に入って始めて部活の先輩のプレーを見た時に似ています。

「こんな凄いプレー真似できない!入部してもついていけるかな。。」

1年生の頃にこんな感覚になった人も多いと思いますが、入部したら何とかなるものです。

 

ん〜でも自信が出てこない。。

 

こんな人は、社会人のOBOG訪問をすることをおすすめします。

先輩方も同じ不安な気持ちを経験していますから、どう乗り越えたのか聞くとすっきりします。

OBOG訪問をどうやればよいかについては、以下の記事でまとめているので読んでください。

 

就活のOBOG訪問5つのステップと注意点

 

社会人になるまで不安が消えないかもしれませんが、入社するまでの感情です。

先を憂うより、まずは目の前の内定を獲得することに、全神経を集中させることが大切です。

 

やりたい仕事がなく会社選びできない

就活で自己分析や企業研究したけど、どうしてもやりたい仕事がなく会社を選べない

そんな悩みを抱えている人は、意外にも多いんじゃないかと思っています。

 

このパターンの悩みのポイントは、「やりたいことが明確にあるか」という点です。

 

やりたいことが明確な場合

就活をいったんやめて、思い切ってやりたいことに集中することをおすすめします。

起業・夢・プロ・俳優・モデル・留学など、自分の夢に向かって進んでみてはどうでしょう。

最悪途中で挫折しても、その経験は社会人で必ず生きるので、20代なら余裕でリカバー可能です。

人生一度っきりですから、素直な心で挑戦してみる方は今後の人生プラスになります。

 

やりたいことが不明確な場合

やりたいことが明確にないけど、やりたい仕事もない場合は、いったん就職しましょう

私がこのタイプだったんですけど、社会人になってらちゃんとやりたいことが見つかりました。

会社はいまの自分の価値観で選べば良いし、入社して価値観変われば転職すれば良い。

 

このように、就活がつらいなあ〜と感じている人の、原因と対策をまとめてみました。

ぜひ参考にしてもらえると嬉しいなと思います。

 

就活のつらいを最短で解決する方法

 

原因と対策は理解したけどできるかな。。

 

初めての体験なので、このつらい気持ちをちゃんと自分で解消できるか不安ですよね。

就活は短期決戦なので、できる限り効率的にかつ最短で問題は解決しておきたいところ。

 

そこで私がおすすめする、最短かつ効率的につらい気持ちを解消する方法。

それは「無料で使える就活サービスを活用すること」です。

 

なぜ就活サービスが良いのかといえば、知識も経験もある人の力を借りることができるからです。

自分一人の力には限界がありますし、他の人の意見を聞いた方が解決は確実に早いです。

 

じゃあどのサービスがいいの?

 

ここでは、私が実際に取材を通して優秀だと感じた2つのサービスをご紹介します。

 

専属の就活のプロに相談できる「キャリアチケット」

就活のエージェント

キャリアチケットは、就活のプロが専属アドバイザーとして相談に乗ってくれる就活支援サービスです。

このサービスの魅力は、自己分析から内定獲得まで無料でフルサポートしてくれる点です。

 

初回の面談を通して不安や悩みなどを聞き、それを解決する方法を教えてくれます。

あなたに合う企業も紹介してくれるケースもありますので、かなりお得なサービスだと感じます。

 

詳しいサービス内容ついては、以下の記事でまとめていますのでじっくり読んでください。

 

キャリアチケットのサービス内容と評判を徹底調査

 

いますぐ登録したい方はこちら⬇︎

 

同大学のOBOGに訪問できる「ビズリーチ・キャンパス」

ビズリーチ

 

ビズリーチ・キャンパスは、自分の大学のOBOGを探して会いに行ける就活マッチングサービスです。

このサービスの魅力は、同じ大学かつ興味のあるOBOGを検索して訪問できるという点です。

 

同じ大学であるメリットは「同じ学歴ゆえに価値観が似ている」ことです。

学歴差があると就活のアドバイスも変わるので、同じ目線で相談してもらえるのは大きなメリット。

また、興味のある人を検索して探せるという選択肢の多さも魅力的ですよね。

 

こちらも詳しいサービス内容を以下の記事でまとめていますので、ぜひ読んでください。

 

ビズリーチキャンパスの特徴や評判や感想をまとめてみた

 

今すぐ登録したい方はこちら⬇︎

 

まとめ

上記のとおり、就活つらいと思っている方々に向けて原因と対策を解説しました。

このとおり対策してもらえれば、つらい気持ちを解消して楽しい就活に変えることができます

 

では、最後に今一度振り返ってみましょう。

 

<就活つらいの4つの原因と対策>

1.選考に落ち続ける
→本当に自分だけなのか疑え、企業との相性、第一印象で損している、自己分析が甘い

2.周りを内定を取り始めて焦る
→企業により内定スケジュールが異なるからチェックせよ。結局は1人1社しか選べない

3.社会人になれるか不安
→大丈夫だけど、社会人OBOGへ訪問しよう

4.やりたい仕事がなく会社選びができない
→やりたいことあれば挑戦、なければまず就職せよ

 

<就活つらいを最短で解決する方法>

以下2つの就活サービスを活用すべし

1.専属の就活のプロに相談できるキャリアチケット
2.同大学のOBOGに訪問できるビズリーチ・キャンパス

 

就活は一生に一度しかない、人生の岐路だともいえます。

後悔なく、納得できる会社選びをすることが一番大切です。

就活でつらいと感じている方は、ぜひこの記事を読んで行動に移して解決してください。

 

この記事を理解できた方は、就活成功のために有効活用できる就活サービスを知っておきましょう。

 

2020年新卒向けの就活サービスを徹底比較!おすすめはこの5つ

コメント