ニクリーチを人事採用担当がガチ評価。企業の目的やおすすめ理由をまとめてみた。

就活エージェント
nikureach-service-evaluation

どうも。もーりーです。就活をしていると、自分の就活が正しいのか不安になりますよね。かといって、OBOG訪問もそんなにできないし、自分の本音を聞いてもらってアドバイスしてもらいたくないですか。

そんな人におすすめなのがニクリーチというサービス。そこで、人事採用を担当していた立場から、ニクリーチについてガチで評価したいと思います。

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

 

ニクリーチってなに??

 

肉リーチのページ

 

ニクリーチとは、 ハイクラス転職サイトを運営しているビズリーチがやっているサービスです。

よくCMやネット広告で登場する会社ですが、転職だけじゃなく就活も手がけているんですね、

 

このニクリーチを簡単に説明すると、

「企業の人事に肉を奢ってもらい、しかも就活相談にも乗ってくれる」

という、なんとも魅力的なサービスなのです。

 

お金がない、企業とのコネがない就活生には神のようなサービスですよね。

とは言っても、そんなうまい話があるわけない!って思われる人、気持ち分かります。

そこで、人事採用担当だった私からニクリーチを評価したいと思います。

 

ニクリーチを人事採用担当がガチ評価してみた

 

ニクリーチのサービス内容や評判については、ググればたくさん出るので調べてください。

ここでは、企業の人事はニクリーチをどう見ているのかをお伝えしたいと思います。

 

ニクリーチは「優秀な人材のスカウト」である

 

よく考えれば分かると思うのですが、企業側は完全にスカウト目線でニクリーチを活用しています

就活生からみれば、無料で焼肉食べれて、就活相談もできる嬉しいサービスでしょう。

ただ逆をいえば、企業からすれば一見なにもメリットがないように見えませんか??

具体例をあげてみると、こんなデメリットが思い浮かびます。

 

企業側のデメリット

・焼肉代がかかる
・人事担当者の人件費がかかる
・就活相談は企業側にはメリットなし
・就活生と会う時間が取られる

 

では、企業側はなぜニクリーチを利用してまで、就活生に会うのか。

それは、優秀な学生の争奪戦が起こっているからなのです。

就活生には気づきにくいですが、若い人材の確保が企業の大きなミッションになっているのです。

 

その証拠に、年々企業の採用人数が増えているというデータがあります。

 

就活のデータ

 

もーりーが就活していたのが2008年なんですが、その当時は売り手市場と言われていました。

しかし、2018年卒はそれ以上に売り手市場だったそうで、今後も採用人数は増えると予想されています。

 

したがって、企業の人事採用担当は、コストをかけてでも早く優秀な人材を確保したいのです。

この背景を理解しているだけで、就活生はニクリーチをどういう心理で活用すべきか分かりますよね。

 

もーりー
もーりー

企業側はすでにスカウト目線であなたと会っています!

ベンチャー企業向きのサービスである

 

これは選考プロセスの違いによるものですが、ニクリーチはベンチャー向けのサービスです。

私は大企業の人事採用をやっていたのですが、選考プロセスはベンチャーと大きく異なります。

 

大企業の場合

リクルーター→一次面談→二次面談(GMクラス)→最終面談(部長クラス)

 

ベンチャーの場合

GM面談→社長面談

 

当然ですが、会社によってプロセスの違いはありますが、概ねこんな感じです。

大企業は、ニクリーチのような会食を選考プロセスに入れることはほぼありえないと考えています。

なぜなら、公平性を保つためであり、サービス利用している人を優遇するのは世間的にも良くないからです。

 

もちろん、就活生はニクリーチを使って大企業の人事と会える可能性は十分にあると思います。

ただし、いずれにしても選考はリクルーター面談からのスタートになるので、選考面で得をすることはあんまりないのではないでしょうか。

 

一方のベンチャーの場合、優秀な人材がいたらすぐに内定まで持っていくことが可能です

選考プロセスが短いこともそうですが、小規模な会社ゆえ、より優秀な人材を欲しているからです。

採用活動のルールもカチッと決まっていないので、飛び級で採用しちゃうこともしばしば。

したがって、ニクリーチはベンチャー向けのサービスだと思ってもらえれば良いと思います。

 

ちなみに、ビズリーチが運営している別サービスビズリーチ・キャンパスはご存知ですか。

 

こちらは自分の大学のOBOGと会えるサービスなんですが、大企業志望の就活生向けです。

ベンチャーではなく大企業に行きたい人は、ビズリーチ・キャンパスをおすすめします。

 

なお、ビズリーチ・キャンパスについては、ビズリーチ・キャンパスを人事採用担当がガチ評価という記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

もーりー
もーりー

ニクリーチはベンチャー向けのサービス。大企業はビズリーチキャンパスへ!

 

ニクリーチは活用しまくったもの勝ち

 

ここまで、企業の人事からの視点でニクリーチを解説してきましたが、結局活用したもの勝ちです。

ニクリーチの本来の目的は、「企業の人事に就活相談をすること」です。

悩み事があるなら、企業の人事に聞いて解決してもらうのが一番早いですよ。

 

もちろん、人事側にもいろんな意図があるとは思います。

でも、就活成功のためには、就活生本人のレベルアップが最優先事項であることを忘れてはいけません。

本命企業から内定獲得をゲットするには、結局自分自身の成長が必要不可欠なのですから。

 

あと、お肉をタダで食べられるっていうだけでもいいですよね!笑

お金ない就活生の方は、食費を浮かせるというだけでも活用するといいと思います。

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

2020年新卒向けおすすめの就活サービス5選

 

就活サービスのおすすめ

 

ニクリーチを含めて、2020年新卒向けのおすすめ就活サービスは、いくつかあります。

そのサービス紹介については、【2020年新卒】就職サービスおすすめ5選まとめでチェックしてみてくださいね。

人事目線から見たサービスを厳選しているので、間違いはないと思います。

 

ご紹介しているサービスは、全て無料かつ有効利用できるものです。

就活を成功させるポイントは、行動量と情報量だと思っているので、サービス使いまくること。

それさえできれば、周りの就活生よりも圧倒的な結果を残せることを知っておいてください。

 

私自身、就活開始3ヶ月で大手4社から内定を獲得した人間です。

なぜ短期間でそれだけの結果を残せたのかといえば、圧倒的な行動量とインプット量です。

これで大きな壁をドンドン乗り越えられたので、ぜひみなさんもサービスフル活用してください。

 

ちなみに、私自身も就活支援のコンサルティングもやっています。

もしご興味ある方がいましたら、下記リンクから詳細をチェックしてくださいね!

 

就活完全攻略マニュアル

コメント