挫折経験を見つけて武器にする簡単4ステップ!これで就活面接は無双確定【具体例あり】

挫折経験の分析方 就活ノウハウ
jobsearching-frustration-banner
もーりー
もーりー

石油業界人事部出身、現在はメガベンチャー営業マンのもーりーです。

・挫折経験ってなんで聞くの?

・挫折したことないけどどう探すの?

・挫折経験ってどう分析するの?

・上手い伝え方や流れを教えて!

 

こんな悩みを抱える方の問題解決ができる記事になっています。

この記事で解説する『自分の挫折経験を見つけ武器にする方法』を実践すれば、就活面接で無双することが可能になります。

なぜなら、私はこのとおり実践したことで、就活3ヶ月で大手4社の内定をゲットしたからです。

就活で必ず聞かれる『挫折経験』について、詳しく解説していますので、じっくり最後まで読み込んでください。

 

就活で挫折経験はなぜ聞くの?

 

あなたが挫折した経験を教えてください♪

 

就活の面談やESで、定番の質問が「挫折経験」です。

そもそも、企業はなぜあなたの挫折経験を聞きたがるのでしょうか。

 

その理由は『仕事で壁にぶち当たった時の能力を見極めるため』です。

社会人になると、仕事上で困難に遭遇するケースが多くなるので、それをきちんと乗り越えられるかを知りたいのです。

 

ええ。。そんな能力ないです。。

 

こんな心の声が聞こえてきそうですね笑。

でも大丈夫、人なら誰しも挫折を乗り越えるための能力をちゃんと持っています。

以下の解説を読んで実践してもらえれば、就活対策はバッチリできるので安心してください。

 

挫折経験を見つける方法は?

 

そもそも挫折経験ないんですけど。。

 

挫折経験が見つからなくて悩む就活生って、実はメチャクチャ多いんですよね。

なぜ見つからないかと言うと、挫折という言葉に縛られすぎているからなんです。

 

就活で言う挫折経験とは、困難・苦労・葛藤・悔しさ・逆境などで言い換えられます。

これなら、どんな人でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

 

ここでは、具体的な挫折経験の例をざっと挙げておきたいと思います。

挫折経験が見つからないっていう人は、ぜひ以下を参考にしてください。

 

チャレンジ系

部活:試合でミス、試合に負けた、勝てない、レギュラー落ち、練習が辛い、人員不足

バイト:新人育成が大変、リーダー業務、人間関係が悪い、人員不足

サークル:部費滞納、役職が大変、練習に来ない、人間関係が悪い、人員不足

海外留学:コミュニケーション難しい、文化の違い、シェアメイト問題、勉強大変、孤独

 

環境の変化

進学:友達できない、部活が辛い、勉強大変、力関係が変わった

転校:友達できない、方言の違い、生活環境が合わない、楽しくない

海外移住:言葉の壁、食べ物が口に合わない、友達いない、文化の違い

 

不測の事態

怪我:交通事故、部活で負傷

病気:先天的な病気、難病にかかった、死を覚悟した病気

天災:地震で生活一変、死を覚悟した、先の見えない不安

親の離婚:精神的不安、母親もしくは父親の苦労、金銭的苦労

 

挫折経験の分析方法は?

では、ここからは具体的な挫折経験の分析方法について解説していきます。

以下4つのステップで進めてもらえれば、挫折経験の分析がスムーズに進めることが可能です。

※具体例も記載していますので、参考にしてください。

 

1.挫折経験を書き出し2つに絞る

2.挫折経験を深掘り分析する

3.考えた解決方法を書き出す

4.具体的な行動と結果を書き出す

 

挫折経験を書き出し2つに絞る

上記の挫折経験の具体例を参考に、まずは自分が経験した挫折をたくさん書き出してください。

書き出せたら、その中から『インパクトの大きな挫折』を2つピックアップしましょう。

 

えっ、2つだけでいいんですか??

 

はい、2つで大丈夫です。

なぜなら、3つ以上聞かれることはないし、そもそも挫折経験の数を質問されることもないです。

 

また、インパクトの大きさは、面接官に印象を残すために必要な要素なので意識すべきです。

もし大きな挫折が思いつかない人は、インパクトにこだわらなくても良いです。

 

挫折経験を深掘り分析する

選んだ2つの挫折経験を、できる限り深掘り分析しましょう。

ここが一番難しくかつ大事な部分ですので、下記の図を見ながら詳しくやり方を解説します。

 

挫折経験の例

 

挫折と呼ばれる結果には、必ず原因があります。

①の場合、部活の大事な試合に負けた原因を深掘りすると、経験不足となったケース。

②の場合、海外留学で友人が出来ずに苦労した原因は、外国人への勝手な思い込みだったケース。

 

この部分で求められるのは分析力、つまりどこまで深く分析できるかという力です。

とにかく深く、何度もwhyを問い続ければ、挫折の根本的な原因までたどり着くことが出来ます。

就活生の8割が浅い分析しかできていないので、かなり損をしていることを知っておいてください。

 

考えた解決方法を書き出す

先ほど見つけ出した根本原因に対して、自分がどんな解決策を考えたのかを書き出しましょう。

 

そんな大したこと考えてなかったです。。

 

こう思われる方も、かなりいらっしゃるのではないでしょうか。

ただし、ここで言う解決策は、小さなことで全然大丈夫です。

あなたが実際に考えたことを、たくさんピックアップして書き出してみましょう。

※実際に行動に移していない解決策も、書き出してください。

 

挫折経験の深掘り

 

具体的な行動と結果を書き出す

上記のとおり解決策を書き出せたら、実際に行動に移したこととその結果を書き出しましょう。

 

挫折経験の結果

 

ここでは、以下3つが大事になります。

 

1.なぜその解決策を選んだのか

2.解決に向けた具体的な行動はなにか

3.得られた結果はどんなものだったか

 

これらを詳しく分析して、人に簡潔に話せるレベルになるまで考えましょう。

 

就活の挫折経験で見られる能力は『分析力、問題解決力、行動力』の3つです。

これらを面接官にアピールできるレベルになれば、挫折経験が最大の武器になりますよ。

 

就活での挫折経験の伝え方

では、ESや面接で挫折経験を聞かれた時、どんな流れで伝えれば良いのでしょうか。

以下では、先ほどの例を使って全体の構成をまとめていますので、じっくり読んでください。

 

1.結論を言う

2.詳細内容を解説する

3.分析力をアピール

4.問題解決力と結果をアピール

5.学びの仕事への転換

 

結論を言う

就活の鉄則ですが、聞かれた質問の答えを最初に伝えましょう。

質問は「挫折経験」ですから、以下のとおりでOKです。

 

私は所属する○○部の公式戦で、ライバルである○○大学に歴史的大敗を喫する挫折を味わいました。

 

詳細内容を解説する

次に挫折内容の解説をします。

ここは趣旨ではないので、さらっとでOKです。

 

○○大学は長年ライバル関係にあり、毎年接戦を繰り広げる相手です。

しかし今年は、過去最大の点差をつけられて敗北してしまい、非常に悔しい思いをしました。

 

分析力をアピール

さて、ここからが本番です。

先ほど解説した『深掘り分析』の結果をここで伝えましょう。

 

後日、動画で試合を分析したところ、自分のポジションのミスが失点に直結していることが判明しました。

さらに、なぜミスが多いのか深く分析すると、3年生以下12名の下級生の経験不足が大きな原因であることが浮き彫りになりました。

 

問題解決力と結果をアピール

さらに次は、先ほど書き出した『解決策と結果』をアピールしましょう。

 

下級生の成長が求められると考えたのですが、限られた時間の中で、試合数をこなして経験不足を補うのは困難でした。

そこで私は、試合動画の研究を練習後に導入することを提案して実行しました。

毎週、過去の試合動画を私から下級生に渡し、研究結果を発表してもらう習慣を新たに追加。

回を重ねるごとに分析の精度が上がり、比例してプレーの精度もアップ。

結果的に、次のライバルとの試合で私のポジションが大活躍して勝利を収めてリベンジに成功しました。

 

学びの仕事への転換

これを忘れる人が多いのですが、学んだ内容を仕事にどう生かすかを伝えましょう。

最後のクロージング部分をビシッと決めれば完璧なので、手を抜かないことです!

 

この挫折経験を通して、悔しさをエネルギーに変え、限られた時間の中できちんと目標を達成する力を身につけることができました。

御社でも、この逆境を乗り越える力を発揮して、どんな困難な仕事でも問題解決し、会社に貢献したいと考えています。

 

挫折経験の伝え方や流れは以上となります。

上記の例はかなり簡易化したものですし、文章も少し稚拙かもしれませんのでご容赦ください。

ちなみに字数は、受験企業から指定された分量に合わせて作成してくださいね。

 

挫折経験の分析に自信がない時の対処法

 

とはいえ、挫折経験を分析できる自信ない。。

 

ここまで解説してきたように、自分で挫折経験を分析する自信がない。

そう思われる方も、当然たくさんいらっしゃると思います。

 

そんな人におすすめなのは、就活サービスのキャリアチケットです。

 

レバレジーズ株式会社

 

このキャリアチケットでは、就活の専属アドバイザーが無料で就活相談に乗ってくれます

挫折経験も一緒に分析してもらえますし、ESや面接対策もしっかりと対応してくれます。

 

このサービスの詳しい内容は、以下の記事でまとめていますので読んでください。

 

キャリアチケットのサービス内容と評判を徹底調査

 

まとめ

この記事で紹介した『自分の挫折経験を見つけ武器にする方法』を習得すると、ESでも面接でも堂々と質問に答えられるようになります。

それでは最後に、今一度挫折経験の見つけ方を振り返りましょう。

 

挫折経験の分析方法

1.挫折経験を書き出し2つに絞る
2.挫折経験を深掘り分析する
3.考えた解決方法を書き出す
4.具体的な行動と結果を書き出す

挫折経験の伝え方

1.結論を言う
2.詳細内容を解説する
3.分析力をアピール
4.問題解決力と結果をアピール
5.学びの仕事への転換

 

挫折経験の分析は最初難しくて、戸惑うこともあるかと思います。

しかし、慣れてくれば、武器として使える挫折経験を作ることができます。

 

もし自分一人では限界だと感じた時は、以下のおすすめの就活サービスを活用しましょう。

 

2020年新卒向け就活サービス徹底比較!おすすめ5選まとめ

コメント