大企業とメガベンチャー新卒ならどっちに就職すべき?徹底解説してみた!

大企業かメガベンチャーか 就活ノウハウ
jobsearching-mega-big

どうも。もーりーです。就職活動をしていて、大企業にしようかメガベンチャーにしようか、迷う事ありませんか。大企業は安定しているし仕事の規模も大きい、かたやメガベンチャーは面白い仕事ができそうというイメージが一般的。

ただし、新卒で入る会社を間違えたくないし、自分はタイプ的にどこが合うのかわからなくて不安ですよね。

そこで今回は、大企業もメガベンチャーも経験している私から、経験則に基づいてアドバイスしてみたいと思います。

Sponsored Link

新卒の就職先は大企業一択で良い理由

 

最初に結論をいえば、新卒で就職するのは大企業一択でOKだと思っています。

それはなぜなのか、5つの理由をお伝えしていきます。

 

大企業は社員研修制度が充実

 

大企業の大きなメリットの一つに、社員研修制度が充実していることがあります。

メガベンチャーではコスト的に経験できない内容も、若い社員から受講が可能です。

 

その中でも最も貴重なのが、「海外研修制度」です。

数ヶ月から数年までの期間、海外拠点に身をおいて海外で働く体験をする制度。

これは大企業ならではで、海外に拠点があって、社員を長期研修に出せるコストと余裕。

入社から3年以内にこれほど貴重な経験を、給与をもらいながらできるのは素晴らしいです。

 

その他、文書作成・メンタルタフネス・ロジカルシンキング・パワポ・プレゼンなどなど。

スキルアップの研修も推進している大企業はかなり多いので、使い放題かつ成長し放題。

入社3年目くらいまでに全てマスターすれば、社会人の基礎スキルは完璧になるでしょう。

 

就職失敗のリスクが低い

 

大企業に就職すれば、失敗するリスクはかなり低下させられます。

どんなリスクなのかというと、ざっとこんなところです。

 

就職失敗のリスクが低い理由

休日→有給休暇が初日から付与。取得可能。
福利厚生→寮・社宅・社食・交通費・健保が完備。
給与→諸手当が充実。残業代も申告がマスト。
仕事→長期の新入社員研修あり。終了後もOJT制度あり。
人間関係→同期も多いので、友人ができやすい。

 

思っていたのと違う!っていう感覚になってしまうのが、一番嫌ですよね。

大企業は社内制度がかなり充実しているので、そのリスクは限りなく低いです。

最悪なのが、サービス残業やらされたり研修制度がなくていきなり仕事やらされること。

ベンチャー系なら往々にしてあることなので、まずは大企業でじっくり働くのはありだと思います。

 

キャリア形成は大企業スタートが有利

 

将来的な話なのですが、キャリアを作っていくのなら大企業で働いたという経歴は貴重になります。

例えば学歴でみると、全ての能力が同じだとした場合、あなたはどっちを採用しますか。

 

A:○○高校卒業(高卒)

B:慶応大学経済学部卒業(大卒)

 

もし私が経営者なら、リスク管理のために迷わずBさんを採用するでしょうね。

 

転職市場でも同じことが起こっていて、新卒でどの会社でスタートしているか経歴を見られます。

もし有名な大企業だったら、箔がつくので人材の信頼度が増すので有利になるのです。

仮に転職を考えていなくても、働くうちに心変わりする可能性もあるので注意が必要。

私なんて終身雇用で働き抜こうと決めていたのに、2年目からすでに転職思考に変わっていました。

何があるかわからないので、大企業で経歴を彩っておくことは重要だと思います。

 

新卒しか入れない企業が非常に多い

 

大企業の中でも、新卒しか受け入れていない企業は世の中にたくさんあります。

インフラ系、商社、銀行系がメインですが、退職者の枠を新卒で埋める仕組みになっているのです。

ですから、新卒の貴重なカードは大企業で切っておいた方が良いと思います。

もしメガベンチャーや中小企業に行きたくなれば、大企業経験後でも行けるので。

 

大企業→大企業・中小・メガベンチャー・ベンチャーどこでも転職可能

メガベンチャー→大企業は転職できない会社が多い

 

リスク管理の話になるんですけど、大企業以外へ行くと就職先と合わなかった時が大変。

キャリアはないけど転職したい、でも大企業へは転職できないから、薄給のブラック企業へ。

なんてこともあるので、大企業からスタートする方が無難だとも言えますね。

 

可処分所得が多くなる

 

大企業の大きなメリットの1つに、可処分所得がとても多いという点があります。

可処分所得とは、給与から税金や諸経費を引いて残った金額のことだと思ってください。

 

一番大きいのは家賃で、寮や社宅に住めば家賃2万円もしないケースがほとんどです。

通常安くても5万円以上かかるコストを、大幅に削減できるのでお金が結構余ります。

それを遊びに使ってもいいのですし、自己投資や貯蓄に回しても良いと思います。

 

ベンチャー系の企業だと、社内の給与や福利厚生の制度が見劣りするので金銭面で苦労します

使えるお金も多くないので、節約生活をしながら過ごさなくてはいけなくなるのです。

私の持論として、貧乏生活は脳みそも貧乏思考になってしまうのでおすすめはできません。

できる限り収入は確保しておき、自分のためにしっかりお金を投資することが大事だと思います。

 

メガベンチャーに就職すべき人の3つの特徴

 

個人的には大企業への就職を強くおすすめしますが、とはいえ、メガベンチャーも興味あり。

そんな人に対して、新卒でメガベンチャーに進むべき人の特徴をお伝えしようと思います。

 

20代でバリバリ活躍したい

 

メガベンチャーでは、実力があれば20代のうちからドンドン重要な仕事を任されます

もちろん実力が認められればですが、早い段階から重要なポストに抜擢される可能性があります。

 

組織をマネジメントする管理職になれるのは、大企業だと30代後半でも早い方です。

メガベンチャーなら20代中盤でなれる可能性があるので、若いうちに大活躍できます。

ただ実力主義な分、抜擢されなければ役職にはつけないので、転職を余儀なくされます。。。

そのリスクだけは想定した上で、チャレンジできる人ならオッケーだと思います。

 

学生の延長で仕事がしたい

 

メガベンチャーは20代が中心の職場であることが多いので、学生の雰囲気で仕事ができます

これは私がメガベンチャーを愛する理由の1つなんですけど、やっぱり楽しい方が仕事も楽しい!

学生気分のまま仕事に取り組めるので、とてもリラックスすることが可能です。

 

体育会系が好きで、縦社会でピシッとしたい人は大企業の方が良いでしょう。

自分を含めフラットな関係で、自由に仕事をしていきたい方はメガベンチャが良いでしょう。

これだけ聞くと、「メガベンチャーの方がよくね?」って思うかもですけど、それは誤解です。

新卒の社会人が自由に仕事をするのは結構ハードル高いので、そこも理解が必要ですね。

 

転職や起業を前提に考えている人

 

大企業だと終身雇用を前提の働き方ですが、メガベンチャーは転職か起業前提が良いです

なぜなら、一生懸命頑張れば、20代でほぼ経験し尽くすことができるからです。

 

大企業はそもそも30代から役職につきはじめ、40代から出世し始めます。

メガベンチャーなら20代で管理職クラスは経験できるので、30歳以降はキャリアアップが必須。

もしくは経験を生かして起業もありですが、いずれにしても30歳以降は大企業とは違うでしょう。

 

つまり、ずっと同じ会社で過ごすのではなく、色んな会社に転職するか起業するか。

これを前提に考えている人は、最初からメガベンチャーに挑戦しても良いと思います。

 

大企業に就職するためのおすすめ就活サービス

 

新卒で大企業就職が良い理由と、メガベンチャー行く人の特徴をご紹介しました。

とはいえ、そもそも大企業は狭き門ですから、簡単に就職できるものではありません。

 

じゃあ、大企業に就職するために必要なものはいったいなんなのか。

それは「優良な就活サービスをしっかり活用する」というのが私なりの答えです。

 

もーりー
もーりー

就活サービスって、そんなに便利なの?よく知らない。。。

 

そんな就活生の方も多いと思うのですが、便利だし使わない手はないです

ただOBOG訪問しているだけではスキルが身につかないし、就活の実力を養う必要があります。

嬉しいことに、どんなサービスも基本全部無料で使えるので、使ったもの勝ち状態ですね!

 

ここでは、私がおすすめのサービスを5つご紹介しておきます。

詳しい記事を書いていますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

参考記事

大企業に就職したい人必見!絶対おすすめの就活サービス5選

 

この5つのサービスを押さえておけば、大企業対策はバッチリだと思います。

ただ2019年現在だと、就活サービスをきちんと活用できている就活生はごく一部です。

私が会ってきた就活生で活用できている方は、総じてレベルは高かったですね。。。

みなさんの就活の成功の良いアドバイスになれれば嬉しいです!

コメント