MeetsCompany(ミーツカンパニー)を徹底調査!サービスの魅力から評判や感想や口コミまでガチでまとめてみた!

ミーツカンパニー 就活エージェント
meetscompany-banner

どうも。もーりーです。就職活動のイベントといえば、Meets Companyが有名ですよね。

名前は知っているけど参加したことがない、興味があるけどどんなサービスなのか気になる。

そんな方に今回は、Meets Companyのサービス内容や評判についてご紹介したいと思います。

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

 

Meets Companyとは

 

ミーツカンパニーのページ

 

MeetsCompany は、株式会社DYMという会社が運営している就活サービスです。

このサービスの一番の特徴といえば、就活生と企業とのマッチングイベントでしょう。

2017年実績で、62,000名も内定を獲得したくらいとても大きな就活イベントになっています。

年間10万人が利用していて、就活生の5人に1人がサービス利用している巨大サービスですね。

 

内定獲得者数がかなり多いので、それだけ参加している就活生と企業が多いということ。

就活生からすれば、たくさんの企業と触れ合って企業研究をする機会が増えるメリットがある。

企業側からすれば、多くの就活生と接触することで、より優秀な人材を選ぶことができる。

 

お互いにとってwin-winな関係が築けるので、実績の数字をみれば利用価値はあるなと思います。

 

Meets Companyの特徴

 

では具体的に、MeetsCompanyの特徴をご紹介したいと思います。

 

就活イベントの開催回数が業界No.1

 

MeetsCompany最大の特徴といえば、就活イベントの回数がめちゃくちゃ多い点ですね。

年間650回以上開催されていて、これは採用イベントとしては業界でNo.1の回数だそうです。

 

数字をみればかなり多いなあという印象ですが、これは全国開催という理由もあります。

札幌・東京・名古屋・京都・大阪・福岡に会場があるので、回数が多いということです。

就活イベントって、東京会場ばかりで地方不利なことが多いので、これは嬉しいですね。

 

具体的なスケジュールはこちらに掲載されているのですが、東京はほぼ毎日開催されています

スケジュール合わずに参加できない!っていう人でも安心なところが良いところですね。

 

社長や人事とたくさん会える

 

ミーツカンパニーバナー

 

MeetsCompanyでは、大企業からベンチャーまで幅広い社会人の先輩と会うことができます。

1400社以上の企業が参画しているので、参加すればするほど、多くの人と会話ができるんですね。

 

参加している企業を見ると、比較的IT系の企業が目立つなあというイメージ。

サイバーエージェントをはじめ、レバレジーズ・RIZAP・パソナ・U-NEXTなど人気企業が豊富

その他も総合商社も参加していますし、IT業界以外を志望する人でもOKですね。

 

私個人の考えですが、就活生が一番やるべきなのは「社会人と会話する」ことなんです。

実際に会社で働いている人から情報を取れば取るほど、就活は確実に前に進むと思うんですね。

 

ちなみに、このイベントは社会人の方との距離が近いので、リラックスして会話ができます。

それも他の就活イベントと違うところなので、気軽に参加してみることをおすすめします。

つまり、無料で参加できるMeetsCompanyをバンバン活用したもの勝ちなのです。

 

スピーディーに内定獲得できる

ミーツカンパニー

MeetsCompanyは、イベント参加から内定獲得まですごくスピードが速いのが特徴です。

ホームページの情報によれば、即日内定をゲットできることもあるみたいですね。

 

就活生と企業がうまくマッチングすれば、特別選考をしてもらえるのは嬉しいシステム。

しかも、書類選考もないのでいちいち手間をかける必要もないこともメリットの1つ。

 

もーりー
もーりー

選考が早すぎるのも怖いなあ。ブラック企業は大丈夫??

 

即日内定出ちゃうくらい選考が早いってことは、ブラック企業なんじゃないの?

そう思われる方もいると思いますが、結論からいえばほぼその心配はないと言えます。

また、口コミや書き込みの情報を見る限り、内定までは最短で3日〜1週間くらいだそうです。

それでもスピーディーに選考を進めてくれるのは、嬉しいですよね!

 

リクルーターが完全個別サポート

 

MeetsCompanyに所属するスタッフが、会員メンバーひとり一人を個別サポートしてくれます。

就活イベントも有効なんですが、相談相手としてサポートしてくれるのも嬉しいサービス。

ES添削から自己分析、面接対策まですべて専任のリクルーターが対応します

 

就活生の悩みの多くが、自分がやっていることが正しいのか分からないというもの。

私も就活生の時そうだったんですけど、OBOGも頼れないし、相談できず不安だったんですよね。

ESも自信ないし、面接も苦手だし、どう克服すれば良いか謎すぎて悩んでいましたし。。

 

それを全て解決してくれる徹底サポート体制がMeetsCompanyにはあります。

 

イベント参加後に優良企業を紹介してくれる

 

イベントに参加したけど、自分の好みの会社がなかったという場合も大丈夫。

イベント後に個別面談を実施してくれて、あなたの希望に合った優良企業を紹介してくれます

 

後ほどお話するんですが、イベント当日に参加する企業は8社となります。

しかしながら、MeetsCompanyが紹介できる企業は他にたくさんあるので、希望を伝えましょう。

自分に合った優良企業とマッチングできるチャンスなので、面談も気を抜かずに臨みましょう!

 

百聞は一見にしかず。動かなければ何も始まりません!

まずは会員登録をして、イベントに参加してみましょう!

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

 

イベント当日の流れ

 

では、イベント会場での当日の流れはどうなっているんでしょうか。

ここでは、会場入りしてからの動きを細かくご紹介したいと思います。

 

履歴書を提出する

 

あらかじめ履歴書を持参するように言われますので、忘れずに持って行きましょう。

この履歴書を企業の方もスタッフも読むので、きちんと書くことをおすすめします。

 

意外と履歴書で手を抜く人がいるんですが、絶対にやめた方が良いです。

せっかく参加するのであれば、企業に興味を持ってもらえる質の高い文章を書くべきです。

スタッフからも、より優良な企業を紹介してもらえる可能性もあるので、準備を抜かりなく!

 

指定の席に座りエントリーシートに記入

 

自分の名前が書かれた席に座り、空いた時間にエントリーシートを書いておきましょう。

これは、DYMで保管され、面談や今後のサポートの時に使われる大事な書類になります。

紹介してもらう企業の選定などはこの情報を元に行われるので、自分の希望をきちんと書くこと。

 

参加企業のPRタイム

 

早速プログラムスタート!

参加企業8社による5分間のPRタイムがあり、約40分ほど話を聞く時間になります。

 

勘の良い人なら気づくと思いますが、ここでの聞く姿勢やメモを取る姿は選考対象です。

眠そうに聞いていたり、メモも取らずぼーっとしているとマイナスイメージです。

積極的に話を聞いて、しっかりと自分の中にインプットする姿勢が大事になります。

 

就活生によるPRタイム

 

最初の難関となるのが、就活生による自己PRタイムです。

一人あたり20秒与えられるので、企業の社長や人事の前でPRする場面です。

 

もーりー
もーりー

な、な、なんか緊張しそう。。。

 

正直、かなり緊張すると思うので、何を話すか事前に決めておきましょう。

ここでのPR次第では、企業の方からの見る目が変わるので一番気合いを入れるところです。

あがっても、声が震えても良いので、一生懸命熱意が伝わるようにPRしてみましょう

 

座談会とグループワーク

 

企業の社長や人事を囲んでコミュニケーションを取れる時間があります。

少人数に分かれて会話できるので、ここは自分をアピールできる大チャンスです!

恥ずかしがらずに、自分が疑問に思ったことや企業PRを聞いて感じたことを伝えましょう。

 

こういう場面で、いかに社会人の方から情報収集できるかは大事なスキルです。

ぜひ自己成長のためにも、思い切ってたくさん質問して見ることをおすすめします。

(企業側もそういう姿勢は必ず見てくれていますからね!)

 

DYMスタッフとの個別面談

 

ひと通りのプログラムが終われば、DYMスタッフとの面談があります。

ここで疑問点や聞きたいことをじっくり聞けるので、積極的にコミュニケーションをとりましょう。

 

後日の面談予約もここで取れるのですが、この予約は絶対に押さえておくようにしましょう

なぜなら、自分に合った優良企業の紹介は、後日面談で行われるからです。

当日マッチする企業がなかったとしても、次回の面談でじっくり紹介してもらえばOKなのです。

 

マッチング企業との面談&一次選考

 

就活生と企業がマッチングした場合、面談を行うことができます。

就活生は3社まで気に入った企業に投票することができ、企業の意向と合えば面談となります。

面談内容は、雑談をして後日選考という場合もあれば、一次面談として行われることもあります。

 

もーりー
もーりー

マッチングしなかった場合どうするの?選ばれるか不安だ(> <)

 

マッチングする割合は、就活生のだいたい半数くらいだと言われています。

マッチしなくても、後日自分に合った企業を紹介してもらうスタンスで大丈夫です。

「縁がなかったな!」くらいの気持ちで気持ちを切り替えていきましょう!

 

当日の全体的な流れは、以上となります。

MeetsCompanyのイベントは、参加して企業の方と情報交換をするだけでもプラスです。

活用したもの勝ちなので、まずは会員登録して一度参加してみるといいですよ。

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

 

Meets Companyのデメリット

 

もーりー
もーりー

確かに参加してみる価値はありそうだけど、デメリットは??

 

ここまで良い情報をたくさんお伝えしてきましたが、デメリットはないのでしょうか。

正直なところ、デメリットは1つだけあると思っていまして、それは大企業が少ないことです。

 

MeetsCompanyに参画している企業はIT系企業がメインなんですが、ベンチャーが多いです。

大企業は比較的少ないので、大企業志望の人にとっては少し物足りないかもしれません。

ただ、多くの企業の情報は知っておいて損はないので、参加する意義はあります(無料だし)。

 

ちなみに、大企業志望の方におすすめしたいのは、ビズリーチ・キャンパスです。

ビズリーチ

 

ビズリーチ・キャンパスがなぜ大企業向きなのか、4つのポイントがあります。

 

ビズリーチキャンパスの良いところ

1.自分が所属する大学のOBOGである安心感。
2.同学歴なので同じ目線で就活の相談ができる。
3.OBOGはほぼ大企業の社員ばかり
4.大企業が選考目的でサービスを利用している

 

このサービスに関しては、大企業志望の方は必須のサービスなので絶対押さえてください。

なぜなら、大企業がこのサービスで出会った学生を選考対象として活用しているからです。

もちろん全企業ではないですが、多くの企業がこのサービスで優秀な人材確保を狙っています。

 

もし良い印象を持ってもらえた場合、優先的に選考してもらえる可能性があります

こういったチャンスが掴んだもの勝ちなので、大企業志望者は活用することをおすすめします。

 

今すぐ登録したい方はこちら⬇︎

 

Meets Company参加者の感想や評判

 

では、実際に参加した方の感想や評判はどうなんでしょうか。

少し古いですが、twitterでの評判をピックアップしてみました。

 

 

これは最短で内定獲得したケースですかね。

後輩におすすめするってことは、この方もMeetsCompanyには好印象を持っているんでしょうね。

 

 

この方は、もともと大企業志望だったのかな??

ベンチャー企業の社長さんは熱意やビジョンを持っている人が多いので、魅力的ですよね!

 

 

こちらはマイナスの印象を持たれている方のツイートですね。

確かに、事前に参加企業名を知らせてもらえれば、行きたい!ってなったかもですね。

ただ参加するだけでも勉強になるので、時間が空いていれば積極的に参加して損はないかと!

 

MeetsCompanyの1回のイベントに参加できる就活生の数は最大50名まで

就活の選考時期になると、なかなか予約を取れなくなってしまうので、早めの参加が必要です。

隙間時間にサクッと参加できるイベントでもあるので、気軽に参加するといいと思います!

 

今すぐ登録したい人はこちら⬇︎

 

就活で使えるおすすめサービス5選

 

ここまでMeetsCompanyのサービスについて書いてきましたが、最後に他のおすすめサービスもご紹介。

 

絶対押さえるべき就活サービス5選

 

これらは、私が特におすすめだと思う就活サービスです。

すべて無料で使える便利機能ばかりですので、ぜひ活用してみてください。

 

各サービスがどんな内容なのか、詳細はこちらの記事を参考してください!

 

参考記事

2020年卒向け就活サービス徹底比較!おすすめ5選まとめ

 

まとめ

 

今回はMeetsCompanyのサービス内容について、どんなものなのかをまとめてみました。

個人的にもおすすめの就活サービスですので、ぜひ一度活用してみてください。

詳細はホームページにも書いていますので、興味ある方は中をみて判断してくださいね!

 

コメント