【厳選】転職で役立ったおすすめエージェント6選とサービス3選

大企業からの転職
jobchange-agent-recommend

私はこれまで転職で4社経験し、3回の転職を繰り返しました。

大企業→ベンチャー→メガベンチャー→外資系と転職し、幅広い経験が身につきました。

 

その経験を踏まえ、以下にて選りすぐりのおすすめ転職情報をご紹介します。

この記事を読めば「自分に最適な転職エージェントとサービス」を選択できます。

かなり濃い内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

転職サイトと転職エージェントの違いとは

そもそもですが、転職サイトと転職エージェントの違いはわかりますか?

基本的な部分ですが、初めての転職の方は特にこの違いを押さえておいてくださいね。

 

転職サイト:自分で求人情報を探してオンラインで応募するサービス
転職エージェント:担当者がついて求人紹介や応募などをサポート

 

転職サイトは自分のみで転職活動するのに対し、転職エージェントは担当者と共同作業。

どちらも無料なので、転職サイトもエージェントも両方活用するといいでしょう。

詳しい使い方については、以下にてまとめていますので参考にしてください。

 

おすすめの転職エージェント6選

では早速ですが、おすすめの転職エージェントを6つご紹介します。

私が実際に使ってみた経験も踏まえた内容になっていますのでぜひ参考にしてください。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントHP

・業界最大手なので安心感がある
・求人情報数No.1と初心者からハイクラスまで利用可能
・担当者の質も良く、丁寧なコミュニケーションが魅力
・シンプルで使いやすいウェブページの構成になっている

リクルートエージェント は、リクルートキャリア運営の業界最大手のエージェントです。

求人数・求人の質・担当者・信頼性・安心感全てを兼ね備え、オールマイティーと言えます。

転職初心者の方は、このサービスを押さえておけばまず間違いはないでしょう。

 

私も過去3回すべての転職時に利用していたのですが、担当者の質は高かったです。

きちんとヒアリングした上で求人を紹介してくれたので、安心感がありました。

あと、リクルートはITレベルが高い会社なのでウェブサイトも非常に使いやすかったです。

 

デメリットとしては、転職の総合サービスのため、専門性の高い業界への転職にはあまり向いてないことです。

専門領域での転職が決まっている場合は、その領域に特化したエージェントを選んだ方が良いです。

 

転職を考えている人は、最低限リクルートエージェントは登録しておきましょう。

 

 

<参考記事>

リクルートエージェントで転職面談してみたら、評価オールAで最強だった件【実践記あり】
20代の転職を支援したいと思ってブログを書いていますが、いざ転職しようと思った時、どこのエージェントを使えば良いか迷いますよね。今回は、実際に使ってみた感想を含めて、転職エージェントの業界最大手のリクルートエージェントをご紹介をしたいと思います。

 

DODA

dodaの体験談

・リクルートエージェントと並ぶ大手の安心感あり
・担当者の質はNo.1、フレンドリーに接してくれる
・スピード感があり、短期間での転職活動に向いている
・転職人気企業ランキングで300位までチェックできる

 

DODAは、パーソルキャリアが運営する業界トップレベルのサービスです。

リクルートエージェントと並ぶくらい大きく、転職業界の二大巨塔といった感じです。

大手企業なので、サービスの満足度は総合的にかなり高く、非常におすすめです。

 

特徴的なのは、担当者との距離感が近く、親身になって相談に乗ってくれることです。

私の3回目の転職はDODAで決めましたが、担当者の熱意や姿勢が魅力でした。

面談から求人紹介、応募、採用面接、入社手続きもかなりスピード感があった印象。

 

また、転職人気企業ランキングというページがあり、1〜300位まで掲載されています。

どんな企業が人気なのか、市場動向を一目でチェックできるサービスも充実しています。

 

デメリットは、求人紹介やスカウトメールが毎日大量に届いて若干うざいところ。

あと担当者が求職者側と企業側で分かれているので、やりとりが少し煩雑でした。

 

とはいえ、大きな問題点は特になかったのでおすすめなのは間違いないです。

 

 

<参考記事>

【体験談】dodaの転職面談の流れと内容は?5段階で細かく評価してみた。
転職エージェントdodaの転職面談を受けてきましたので、その流れと内容、評価をまとめた記事を作成しました。さすが業界2位のパーソルキャリアなだけあり、総合評価もかなり高かったです。転職を考えている方はぜひじっくり読み込んでください。

 

パソナキャリア

パソナキャリアのバナー

・リクルート、DODAが「動」ならパソナは「静」
・求人の質は他社のエージェントよりかなり高い
・女性の転職に手厚いサービスのため女性におすすめ
・国との繋がりがあるため官公庁や大手企業の求人が多い

 

パソナキャリアは、人材派遣会社パソナが運営する転職サービスです。

求人数では上記2社に劣りますが、キチンとしたエージェントで丁寧に対応してくれます。

リクルートやDODAと比べ、パソナキャリア落ち着いた雰囲気の担当者が多いですね。

 

この会社は政府との関係性が強いので、大手企業や官公庁のような質の高い求人が魅力。

中小ベンチャー希望よりむしろ、安定した大きな組織で働きたい転職希望者向けです。

 

最も特徴的なのが、女性に手厚いサポート体制が充実しているところです。

担当者も女性が多いので、結婚・出産・育児などの事情を踏まえた提案をしてくれます。

女性の方は安心して転職理由を相談できるので、とてもおすすめですね!

 

 

ビズリーチ

ビズリーチのサイト

・ハイキャリア転職に有利なエージェント
・マネジメント職以上の質の高い求人が多い
・ヘッドハンターから非公開求人を紹介してもらえる
・プラチナスカウトで役員クラスの面談確約がもらえる

 

ビズリーチ は、年収や役職が比較的高い人に向けた転職エージェントです。

これまで紹介してきたエージェントと違い、ハイキャリ層におすすめのサービス。

具体的には年収500万円以上で、年収アップを目指すビジネスマンが対象になります。

 

私自身もビズリーチには大変お世話になっていて、当然ですが求人の質は高いです。

一般社員もありますが、主にマネジメント職から役員クラスの取り扱いが多いです。

ヘッドハンターからのスカウトもあり、ワクワクする求人情報が届くのもメリット。

 

デメリットとしては、企業ではなく転職エージェントからのメールがほとんどなこと。

あと、ハイクラスのヘッドハンターとの相談は有料サービスになることですかね。

 

現在の年収500万円ほどで、それ以上のキャリアアップを目指している。

そんな人にはピッタリのサービスなので、ぜひ利用してみてください!

 

 

JACリクルートメント

・ミドル、ハイクラスの転職に特化したサービス
・グローバル人材に強く、外資系企業の求人が豊富
・各業界に精通した担当者による転職支援が魅力

 

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の日系転職エージェントです。

ビズリーチと同じく年収600万円以上の求人が多いため、ハイクラス転職がメイン。

一般社員ではなく、管理職・役員・専門職といった転職希望の方向けと思ってください。

 

JACリクルートメント最大の特徴は、グローバル・外資系の企業に強いところです。

海外発祥のエージェントという背景から、英語のスキルを使ったビジネスが多い印象。

その影響もあって年収が高い求人の比率が高くなっているとも言えます。

 

デメリットは、内資企業への通常の転職にはあまり向いていないということ。

社会人歴の浅い人にマッチする求人は少ないので、他のサービスを使うのが得策。

僕は方向性が違うのでここで決めたことはないですが、担当者は非常に紳士な方でしたし、外資志望の方はおすすめですね。

 

 

マイナビジョブ20’s

マイナビのバナー

・20代に特化した求人を扱う専門エージェント
・20代の転職に強いアドバイザーが全面サポート
・第二新卒でも利用できる手厚いサポート体制
・マイナビグループのため質の高いサービスが受けられる

 

マイナビジョブ20’s は、20代の転職に特化したマイナビグループの転職エージェント。

ビズリーチとは異なり、第二新卒も含めた総合転職向けのサービスになっています。

20代向けの求人がほとんどで、サポート体制も20代の支援をメインで構成されています。

 

少し特徴的だったのは、第二新卒向けの求人もたくさんあるところ。

第二新卒とは「新卒で就職したけど短期間で退職した人」が対象だそうです。

20代でベースの経歴がない人でもOKですので、そんな方は超おすすめ!

 

なお、マイナビグループの会社なので情報量やサービスの質は問題ないです。

若くて活気のある職場で働きたい20代はぜひ活用してみてくださいね。

 

 

活用すべき転職サービス3選

上記6つの転職エージェントを活用すれば、転職活動は問題なく進めることができます。

それに加えて、あわせて活用すると便利だというサービスもここでご紹介します。

 

MIIDAS(ミイダス)

MIIDAS(ミイダス) とは、DODA運営のパーソルキャリアグループが作ったサービス。

これは、自分の現状の市場価値を知ることができる便利なツールになっています。

質問がいくつか表示されるので、それに答えると簡単に結果が見れます。

 

私自身も定期的に利用していて、今の自分がどれくらいの市場評価かを調査。

自分を客観的に見ておくと、転職時の年収などの条件交渉に非常に有利になりますよ。

 

 

転職会議

転職会議 は、リブセンスという会社が運営している転職サポートサービス。

年収・仕事内容・雰囲気・待遇・職場環境などの口コミをチェックできます。

転職エージェントからの情報だけでは不安なので、リアルな現場の声を拾えます。

 

私自身、転職会議は転職活動中必ずチェックするほど重宝していました。

自分の思っていた職場と違った!なんてことが転職後に起こると大変なので。

失敗しない会社選びのためにも、このサービスは使った方が安全だと思います。

 

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT は、リクルートキャリアが運営している転職サイトです。

転職エージェントとは異なり、情報収集の手段として活用できるのがメリット。

中でもリクナビNEXTは、最も新着求人数も多いので補完的に使うと便利かと思います。

 

使い方としては、まずは定期的に新着求人をチェックしておくこと。

気になった求人は転職エージェントで問い合わせして確認、応募するという流れです。

転職サイトの方が求人情報が充実しているので、上手く使うと良いでしょう。

 

 

まとめ

以上、おすすめの転職エージェントと併せて活用すべき転職サービスをご紹介しました。

ご自身の転職スタイルに合わせて、各サービスを上手く使っていただければと思います。

 

では最後に、おさらいをしておきたいと思います。

 

おすすめの転職エージェント
①リクルートエージェント
②DODA
③パソナキャリア
④ビズリーチ
⑤JACリクルートメント
⑥マイナビジョブ20’s活用すべき転職サービス3選
①MIIDAS(ミイダス)
②転職会議
③リクナビNEXT

私自身、これらのサービスを使って大きくキャリアを伸ばすことができました。

現状の仕事に不満があったり辞めたいと思っている人は、すぐ使った方がいいです。

いますぐ転職する気がなくても担当者に相談できますし、全て無料なのでおすすめ!

 

なお、私のこれまでのキャリアや考え方をYouTubeにて発信しています。

もし興味ある方は動画でもチェックしてみてくださいね!